全て読めていた

 サムライスピリッツ天下一剣客伝、超ドラゴンボールZの攻略、プレイ日記など。
トップスポンサー広告 → スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2ブログランキングへ 人気blogランキングへ

トップサムスピ → 闘劇 剣サムのレギュレーションについて

闘劇 剣サムのレギュレーションについて

 個人的には永久含めてなんでもありが当たり前だろ、と思うんですが、闘劇というイベントを開催する側の視点に立って考えてみるとなかなか難しい。
 要するに、仮に永久認めてしまうとミヅキや骸羅が延々と永久だけで勝ち上がってしまう可能性があるわけで、そんな試合が満載のDVDを誰が買うよ? って話なわけですよ。
 エンターブレインも慈善事業で闘劇を開催してくれるわけではないのです。
 格闘ゲーム業界が活性化してくれれば長期的に見て利益を得られるから、闘劇自体で投資を回収できなくてもいい、という考え方も成り立ちはしますが、やはり儲けを上げられるところでは上げるべし。
 DVDも売れないよりは売れた方がいいに決まってると。
 そうなると、「見て面白い試合が収録できる可能性が高いルール」にするのも仕方ないんじゃないかなと思います。
 もちろん、あまりにルールを縛りすぎてプレイヤーのモチベーションが下がってしまえば、それはそれでまた「売れるDVD」からは遠ざかってしまうわけですが。
 ルール無用の永久ありありも、プレイヤーのモチベを下げる可能性もありますし。

「永久ありなら俺は参加しない」
「いや、俺は逆に永久なしなら参加しない」

 どっちの考えの人もいそうなだけに難しい。
 そのへんは主催者側がさじ加減をどう判断するかですね。

 「コマンド投げからの追い打ち禁止」ぐらいが妥当じゃないかな、とは思います。
 「追い打ちからのコマンド投げ禁止」だと起き攻めでの投げ禁止ということになっちゃうので。
 いろは、半蔵、我旺あたりが得をして、骸羅は半々、ミヅキが割を食うルールですが、どっかで妥協しなくちゃならないし。


 試合人数について。
 1on1のシングル戦か2on2のタッグ戦が有力でしょう。
 3on3は地方とかでは人数を揃えるのに苦労するのでまずないかと。
 俺としてはシングル戦を希望しています。
 理由としては、闘劇のような全国大会はThe Strongest Oneを決めるものであると思うから。
 それに仮にチーム戦で優勝できたとしても、いまいち感動が薄いんですよね。自分一人の力で勝ち上がりたい。足を引っ張るのも、引っ張られるのも嫌な性質です。
 ただ、上のは参加する側からの意見であって、見る側としてはチームで力をあわせて勝ち抜いていく、というのはドラマがあって面白い。
 それに剣サムは割とキャラ相性が出るゲームなので、チーム戦にした方が事故は減るし、戦略性も出てくるかなと。
 なので、2on2形式が無難じゃないかなと思います。

 本当は、一人で三キャラ使う形式とかだったら一番俺好みなんですけどね。
 エントリー時に三キャラを申請して(同キャラあり)勝ち抜き戦。
 多キャラを申請しておいた方が相手のキャラによって使い分けられて有利だけど、使いこなせないキャラを入れるよりは自信のある一キャラで三回戦った方が勝てるかもしれない。
 例えば俺だったら、破沙羅・破沙羅・チャムチャムの組み合わせかな。
 戦略性も高まるし、事故の確率も減るし、真に誰が強いのかもわかるしで実に良い。
 難点はやたらと時間がかかることですが。
 どこかこの形式で大会開いてくれないでしょうか。東京近郊なら駆けつけます。
スポンサーサイト

FC2ブログランキングへ 人気blogランキングへ

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://fightinggame.blog23.fc2.com/tb.php/71-02f90940
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。