全て読めていた

 サムライスピリッツ天下一剣客伝、超ドラゴンボールZの攻略、プレイ日記など。
トップスポンサー広告 → スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2ブログランキングへ 人気blogランキングへ

トップサムスピ → 剣サム闘劇予選@新宿スポーツランド本館

剣サム闘劇予選@新宿スポーツランド本館

 やたらと人が多くて狭いよ熱いよとか思ってたら、最終的には43チーム86名も参加してたらしい。
 冷房が欲しいくらいの人の熱気がちょっと辛かった。
 普段そこらのゲーセンでは過疎ってるくせに、いったいどこにこんなに隠れていたのやら。


 大会開始前、エントリー受付中に面白い報が入る。
 はやしが北斗の予選通過キタコレ!
 どんな感じだったのか聞いてみると、同じ大会に参加していたフクちゃん答えて曰く。
「決勝の相手のユダが凄く上手かったんですけどね。あぁ、北斗だなぁっていう試合で……」
 さすがトキだ、やり込みに差があっても何ともないぜ。
 何はともあれはやしおめ。
 後はトモノさんに是非頑張って欲しい。


 トーナメント表を眺めていると、なにやら気分の悪いチーム名を発見。
 「しぐるどの通過は認めない」
 別に認めて貰わなくてもいーよ。認めさせるから。
 でもチーム名はどうでもいいけど、そのプレイヤー名は勘弁してください。
 全く、身内はDQNばかりだぜ。


 さて一回戦。相手はチーム「日米安保」のアンドリュー&斬紅郎。
 試合前、身内がみんな「しぐるどが斬紅郎の前に沈む嫌なビジョンが見える」とか不吉なことを言ってくる。
 奇遇だな、俺もだよ。
 斬紅郎とかいって、嫌な思い出しかないんですけど。
 そのうち、「しぐるどがアンドリューの強斬りを食らって沈む嫌なビジョンが……」とかも言われる始末。
 やめれ。なんか強斬りだけじゃなくジャンプ強斬りも食らうビジョンが見えて来ちゃったから。
 どうにも嫌な予感を振り払えないまま試合開始。

 先鋒戦。例によって俺が先鋒で出陣。相手はアンドリュー。
 アンドリューは最近は見なくなったけど、その昔にトモノさん相手にさんざんやった経験がある。
 剣スピを選んで無理には攻めずに、イーグルアローに対して影舞を当てたりして危なげなく先鋒戦は勝利。

 続いて出てきた斬紅郎。
 しゃがみ強斬りでの対空と、遠立ち強斬りぶっぱが怖くて縮こまる俺の破沙羅。
 そんな心理を知ってか知らずか、天崩斬やら震撃斬やらを思い切りよくぶっぱなされる。それらを何故か俺もことごとく食らう。
 ダッシュDからダウン追い打ち。またダッシュDからダウン追い打ち。さらに投げからダウン追い打ち。
 うるさいほどにやたらと盛り上がる実況とギャラリー。
「しぐるど! しぐるどっ! しぐるどーっ!」
 さらにダッシュDを食らい、流石にそろそろ受け身を取るかと思いEボタンを押すものの、焦ってしまっていたのか受け身が取れない。ダウン追い打ちを食らいまくる。
 そして結局、テンパってしまい何もできないままに破沙羅敗北。
 うあ、酷い動きを晒してしまった……。

 しかし大将として出てきたちゃーりーさんが落ち着いて危なげなく処理してくれた。
 ありがとうちゃーりーさん! もしあのまま負けて終わっていたら俺は電車に飛び込みかねないくらい凹んでしまっていたよ!
 心の底からちゃーりーさんを崇めた瞬間だった。
 チーム「氷帝」2回戦進出。


 2回戦の相手はお馴染み「クソゲーにしてやるですにゃ」のFAG天草&猫いろは。
 対天草用の策はある。いろはさえ倒せれば……。

 じゃんけんに勝って2P側をゲットし、少し考える。
 向こうの先鋒は恐らく固定で猫さん。俺はいろは相手は若干不安が残る。
 ならちゃーりーさんを先に出して猫さんを倒してもらおうかなとも一瞬思ったが、首を振って却下した。
 ここは俺が2タテする。その意気込みで敢えて先鋒で出陣。
 向こうが出してきたのは予想通り猫いろは。
 いろはの三角降りを無理して立ちDで落とそうとして連斬を食らったりするものの、途中で落ち着きを取り戻してミキリ影舞を決めるなど丁寧に動いて勝利。

 続いてvsFAG天草。
 一本目は画面端での起き攻めを連続で食らったりしてあっという間に落としてしまう。
 天草は立ち回りでは勝てるけど、やはりこの火力は驚異か。
 気を取り直して二本目は、きっちりワープを投げたり地刺しで対空したりして俺が取る。
 最終戦。画面端近くでダッシュA(空中ヒット)影舞がヒット。ここで武器を消せさえすれば、そのまま勝てる。
 画面端に割り込んでバクステ頭骨割り>ダッシュC>影吸い。よし、これで武器が消え……てなかった。あっさり武器を取られてしまった。
 その後、逆にこちらが武器飛ばしを食らって武器を消されてしまう。しかし、ちらりと確認してみると体力はこちらが大幅リード。これは無理して武器を取りに行く必要はないか。
 お互いに画面端と端に離れてガン待ちモード。そのうちに、このままタイムが減っていくとまずいと感じた天草が遠距離モードの飛び道具で削りに来たが、削りくらいでは逆転されないほどの体力差がついてる。ジャンプでかわしたり秘奥義はガードでやり過ごしたりでこちらはしつこくガン待ちを続ける。
 仕方なく天草は近距離モードにチェンジして接近。めくりでのガード崩しやら投げ回避からの連続技などで体力を五分近くにまで盛り返されてしまう。
 残り時間は5秒ほど。体力は僅かに破沙羅がリード。天草は近距離モード。この状況で取る選択肢はもちろん小倉。

 さて。実は破沙羅には他キャラには出来ない小倉を安全にガードする方法があります。
 それは、天草が小倉で頭上に位置取ったらバクステ刺し足で距離を離すというもの。バクステ刺し足は最速ではないことがポイント。
 バックステップすることにより距離が離れ角度が出来、絶対にめくることが出来なくなります。
 通常のバックステップだと着地の隙に小倉が刺さってしまうのですが、刺し足を出すことにより着地の硬直がなくなるのでガードが安定して間に合います。
 頭骨割りでも同様のことが出来るのですが、頭骨割りは技を出している間の食らい判定が上半身に存在しているために、バックステップ中に小倉が刺さる確率が刺し足に比べて若干上がります。
 さらに、真上に位置取られている間は、実は後ろ2回だけではなくダッシュするように前に2回レバーを入れても自動的に振り返ってバックステップが出ます。
 こうして前にバクステ刺し足で距離を取ると、天草は破沙羅に対してめくれないのに必ず背中を向けて小倉で降ってくることになります。
 そしてガード後は(背面)屈A>(背面)立ちD>遠立ちCが確定。美味しいダメージです。

 とまぁそんなわけで。
 小倉は確実にガードできる。素手状態だから痛い反撃は入れられないけど、この状況なら投げで十分。
 さぁ天草が小倉で頭上を取った。これで詰んだ。行くぞバクステ刺し足――。

 海老キック(立ちD)。

 バカな、焦りすぎたあぁっ!?

 当然そんな隙を見逃すわけもなく、海老キックの隙に小倉で降ってこられて燃やされて勝負あり。
 俺って奴は……。

 大将ちゃーりーさんも奮闘してくれたものの、2ラウンド目の最後、逆転するために連斬を入れている途中で時間切れ。体力同じで引き分けになり、1ラウンド目を落としていたこちらの負けに。
 「氷帝」は2回戦敗退。


 ああ、もったいない。
 今回の予選最大の関門と目していたkonふんじ組が一回戦で消えた時、「勝ち確~♪」というチャンプルの声まで聞こえていたというのに。
 とはいえ仕方がない。負けは受け入れて、敗因を分析して、次に活かさなければ。
 今回の敗因はなんといっても俺の心の弱さ。
 理論は間違っていなかったはずだけど、それを実行する段階でミスを犯してしまった。
 何故ミスを犯したかというと、接戦になって冷静さを欠いてしまったから。
 何故冷静さを欠いてしまったかというと、これはもう経験不足しかない。
 小倉に対してバクステ刺し足で回避するというネタは、実は家庭用で何度も検証はしたものの実戦で試したのは今回の予選が初めて。
 実戦の緊張感の中でやろうとして焦ってミスが出た。そう考えるのが妥当のはず。
 これまではネタバレするのが嫌だからとかの理由で野試合を控えめにしたり手抜きしたりしていたけど、これからは気にせずにネタも全開でやることにしよう。
 そもそもバレても大丈夫なように裏の選択肢まで考えて連携組んでいるし。
 今週一週間は出来る限り精力的にゲーセンに出かけて実戦経験を積むことに決めた。


 さて。色々と荒れた今回の予選の通過者は、それでもしっかりと勝ち上がってきたチーム「墨染の桜」のカイヌマ&むつべ。
 ようやく抜けたか、おめでとう。

 しかし強キャラがこれまでで抜けていった関係か、レアキャラ職人プレイヤーの活躍が目覚ましい大会だった。
 狂死郎とか三九六とか水邪とか。かなりの研究を感じさせた。
 実戦経験値稼ぎと同時に、家庭用での調査も並行して行ってレアキャラへの対策も忘れずにやっておこう。


 来週は町田ビートライブ。
 せっかく本戦優勝も狙えそうなのだから、意地でも予選は通る!
スポンサーサイト

FC2ブログランキングへ 人気blogランキングへ

名古屋のGAMESKYで初めてしぐるどさんのプレイを拝見させてもらいました。
試合見ていて「バサラってこんなに動けるの!?」的な衝撃を受けました。
ちなみに当日、私は参加していません。身内はサムスピやらない人間ばかりなんで一人なので出れませんでした(泣)。
というかあの時は「どこかで見た事がある顔だな~」と思ってたんですが家に帰って闘劇魂を家で読んでてびっくりしました。まさかしぐるどさんだったとは!!その後、ヤフーで検索してみたらこのブログの存在を知りましてそれからちょくちょく来させて頂いております。

しぐるどさんに影響されて私もバサラ使い始めました。バサラって面白いですねw
でもオンライン対戦だとタイムラグとかで全然ダメですね‥。というかオンライン対戦は自分にとってはあまり楽しくないです。ガード間に合わないですし。骸羅のコマンド投げも遅れますんで爽快感がないです。
でもちょくちょくやってます。お手軽ですしw
でもやっぱゲーセンですね!!

しぐるどさんが闘劇に出れる事を祈ってます。
2006/02/28(火) 00:09:16 | URL | へたれサムライ #X.Av9vec[ 編集]
>へたれサムライさん
 初めまして。いつも見ていただいてありがとうございます。
 名古屋はいいところでした。ご飯も美味しかったし、機会があればまた行きたいと思っています。
 今度こそ、味噌カツを食べたいですし。

 破沙羅は強烈な強みはないですが、出来ることが多く、やりがいのある良キャラだと思います。
 オンライン対戦はやったことがないのですが、やっぱりラグでダメなんですね。
 現在の技術だとある程度のラグはどうしても存在してしまうようなので仕方ないのですが、残念ではあります。
 ただ聞いた話だと回線の相性が良ければ問題なく対戦が成り立つこともあるようなので、色々と試す価値はあるかもしれません。
 俺はBBユニット持っていないのでどうしようもないのですけれど。

 闘劇は出るだけではなく優勝を狙っているので頑張りますね。
2006/02/28(火) 00:30:59 | URL | しぐるど #USldnCAg[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://fightinggame.blog23.fc2.com/tb.php/164-d0eec2cf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。