全て読めていた

 サムライスピリッツ天下一剣客伝、超ドラゴンボールZの攻略、プレイ日記など。
トップスポンサー広告 → スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2ブログランキングへ 人気blogランキングへ

トップ雑記 → あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます

 本年も当サイトをよろしくお願いいたします。

 年が変わったからと言って、何か特別なことがあるわけでもなく。
 正月のどことなくのんびりしたムードは好きですけどね。
 公然と昼間っから酒を飲めるし。しかもただ酒。正月最高。


 さて。
 昨日、つまり2005年の大晦日、12月31日は新宿のスポーツランド本館で剣サムの年忘れ2on2が行われました。
 約一週間後、1月8日には闘劇予選がついに始まるということでその前哨戦。
 予選に向けて流石にそろそろギアを上げていかないとまずく、気合いを入れて参加しました。

 早めに新宿へ到着して、時間が来るまでモアで練習。
 人がいるかなと思っていたんですが、予想に反して閑散としていて剣サムもデモが流れていました。
 そうですよね、大晦日にまでゲーセンに来る暇人はそうはいないですよね。僕は暇人ですけど。
 CPU戦はCPU戦で今の俺には都合が良いので、起き攻めやら受け身狩りやらの再確認及び研究。
 そうこうしている内にやってきたアジン君と対戦して、火月対策も練れました。
 破沙羅で火月はどうやってもきついけど、割と完成系っぽい動きは見えてきたような。
 受け身狩りのダッシュD見てから大爆殺余裕でした、とか言われたときにはどうしてくれようかと真剣に悩みましたが。
 正解は多分、受け身狩りせずに直接N択をかける。これでいいはず。


 大会は事前の予想よりは少なく、でも大晦日ってことを考えたらこんなものなのかな、といった感じで22名が参加。
 俺はちゃーりー02さんと組みました。しぐるどフリーザ破沙羅とちゃーりートランクスリムルルでチーム「フレックスレーザー」。
 トランクスにフレックスレーザー継承させたらヤバイ臭いがしてオラ、ワクワクしてきたぞ。

 一回戦の相手はクリスタル☆OKANO(天草)&ダモス(夢路)の「クリスタルダモス」。いきなりなかなか辛いチーム。
 対策は立ててるつもりだけど、破沙羅で天草とはやりたくない。
 じゃんけんで勝ってキャラの後出し権をゲット出来たので、向こうが夢路を出してきたのを見て俺が破沙羅で出陣。
 結果は負け。思い切りのいいダッシュCを二連続で食らってペースを乱されたのが敗因か。
 発生7Fとか早すぎて本当に見えない。気が付いたら食らってた。
 最後は夢路が雪風巻の上段を出したのを見て、間に合うと思って秘奥義を出したら全然余裕でガードされて終了。
 そういやあの技、一段止めなら牽制として使えるぐらい隙なかったですね。
 負けはしたものの、草蛍をNミキリで消して影舞とか出来たのは良かった。出来るだろうとは前から思っていたけど、実際に成功したのは初めて。
 あとはなにより、ガチでのvs夢路戦を久しぶりに経験出来たことが何よりの収穫。
 うん、予選前に対戦出来て良かった。

 ちゃーりーさんが頑張ってダモスを倒してくれて、向こうの大将のOKANOさんも後一歩まで追いつめたものの惜しいところで敗北。
 チーム「フレックスレーザー」は初戦敗退に終わりました。
 しかし見てて思ったけど、リムルルって世間の評価よりは全然いけるキャラなんじゃなかろうか。意外と火力あるんですね。何を今更って感じですが。

 負けた後は俺は超DBZとかやってて大会はあまり見ていなかったのですが、なんだか三九六様が頑張っているのは目に付いた。
 なんと決勝リーグまで残っていたし、結構勝っていた。
 実際一度野試合で対戦したんですが、通常技の性能が地味に良くて、こちらの牽制も対空も潰されてやり辛い印象を受けました。
 先日のタム=リンさんもそうだけど、俺の知らないところで職人さんは育っているのだなぁと感心。ああいうのは応援したくなりますね。
 闘劇の本戦が四強プラスαばかりになったら寒いし。辛いし。


 大会終了後は超DBZもやりつつ剣サム野試合。
 俺の中で闘劇へ向けてのスイッチが入ったらしく、集中して対戦に取り組めて良い感触を得られました。
 ダモス夢路にもリベンジ。大会でやられたダッシュCは、ガード後に遠立ちCが(多分)確反になることを確認しました。これで夢路戦が大分楽になる。
 未だ調整中ながら経過は順調。闘劇優勝へ向けて一歩前進です。

 いつの間にかやってきていたむつべ天草に、開幕から「煉獄の炎よ~」×4とかやられて圧殺されたのはご愛嬌ということで。


 超DBZは自分に知識と技術が全然足りていないということを実感したのでなんとかしたいところ。
 技術は自分の不器用さを知ってるので正直諦めてる部分もあるんですが、知識が足りないのは論外。
 相手のある行動に対してこちらのどの行動で勝てるかといった知識がなければ立ち回りのロジックも組めるわけがなく、技術のない俺が勝てるわけもない。
 例えば、フリーザでvsトランクス、トランクスの強攻撃の先端間合いで相手が強を振ってくると読めた場合、こちらが取るべき選択肢は一体何か? 超必殺技ぶっぱは除外するとして。正解は横移動? バックステップ? ジャンプ? それとも大人しくガードするしかない? そんな基本的なこともいまだに知らない。
 なんとかしたいのだけど、闘劇予選が間近で調べ物をする時間が今はなく。
 でもまぁ全然プレイしないってことはないだろうから、少ないプレイの中で一つ一つ注意深く情報を拾っていこう。
スポンサーサイト

FC2ブログランキングへ 人気blogランキングへ

こんにちは 以前セルについて伺ったものです あれから無事スキルも全部覚え順調にできています セルばかりだと飽きてくるので今新しくフリーザを使っているのですが私は弱ホーミングから超必キャンセルが3回に1回くらいしか成功しないと言うこのゲームにおいての最上級のクズっぷりを発揮しています… 大地裂斬やろうとして弱ホーミングからサイコキネシスなんか出した日には反撃確定ですし… これはいずれ必ず直さなくてはならない問題だとは分かっているんですが緊急の救済措置としてスパキャンを覚えさせようと思っています 幸いセルのカードありますし そこで質問なのですが弱弱強フレックスレーザー+大地裂斬ってレーザーでダウンせずちゃんと入るのでしょうか?あと単発でレーザー入った後にデスボールは普通に入りますか?デスボールってなんか弾速が遅い気がするんですが… 新年早々すみません…
2006/01/01(日) 14:15:44 | URL | ドミノ #UJYFIRzU[ 編集]
>ドミノさん
 弱ホーミングキャンセル超必は俺も2回に1回ぐらいしか成功しません……。
 大地裂斬ではなくてデスボールを狙っておくと、ミスってもカッターに化けてくれるのでいいかもです。ヒット後の状況もいいですし。

 弱弱強>フレックスレーザー>(スパキャン)大地裂斬はちゃんと繋がります。
 ちょっと間合いが遠かったり高低差があったりで弱弱強>大地裂斬では繋がらないようなときでも大丈夫。
 そもそもフレックスレーザーは当てても相手ダウンしませんので。
 牽制でのレーザーからのスパキャンデスボールは遠いと繋がりませんが、大地裂斬なら届けば繋がるはず。
 大地裂斬も届かないぐらい遠い場合は、大抵レーザーから弱ホーミングが繋がるので、弱ホーミングからキャンセルでデスボールor大地裂斬まで繋げましょう。
2006/01/02(月) 01:01:03 | URL | しぐるど #USldnCAg[ 編集]
ありがとうございます スキル継承させるとかいってもまだ3つしか覚えてないので明日からまたがんばらなくては! ところで大晦日に新宿で大会に出たんですか あそこってチーム形式の大会好きですよね 私も少し前にそこでSEEDの大会出ました 2on2のゲームなのに8人1組って… あの時は人の数やばかったなぁ… また何かあったら質問させてもらうかもしれません てか多分すると思います その時はどうかまたよろしくお願いします
2006/01/02(月) 01:50:52 | URL | ドミノ #UJYFIRzU[ 編集]
>ドミノさん
 大会はやっぱりチーム戦の方が盛り上がりますからね。
 参加選手としての俺はシングル戦の方が好きなのですけど。
 今回の剣サム大会に関して言えば、闘劇へ向けてというのもあって2on2になったんじゃないかなと。

 8人1組って8人チームってことですか? 1チーム中に4ユニット。
 なんでそんな中途半端な人数設定だったのか、ちょっぴり気になりますw
 そんな大会が成り立つなんて、やっぱりSEEDってプレイヤー人口多いんですね。
 プレイするゲームのことごとくが何故か流行らず人口が少ない俺にしてみれば羨ましい話です。
 ……原作の人気なら超DBZも負けてないどころか勝ってるぐらいだと思うんですけど、なぜ過疎っているのでしょう。良ゲーなのに。
2006/01/02(月) 02:17:34 | URL | しぐるど #USldnCAg[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://fightinggame.blog23.fc2.com/tb.php/118-857140e1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。