全て読めていた

 サムライスピリッツ天下一剣客伝、超ドラゴンボールZの攻略、プレイ日記など。
トップ → 2006年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2ブログランキングへ 人気blogランキングへ

闘劇日程

 遅ればせながらアルカディアを見た。
 遂に闘劇の日程が発表。例によってゴールデンウィーク。
 面倒なのでしたらばからコピペで。以下転載。


834 名前:MONONOFU ◆ELM2iSaXCg [] 投稿日:2006/03/28(火) 15:03:58 ID:vg9VAthD
アルカディア5月号より
決勝大会日程
●5月3日(水)
・北斗の拳
・バーチャファイター4 ファイナルチューンド
・鉄拳5DR

835 名前:MONONOFU ◆ELM2iSaXCg [] 投稿日:2006/03/28(火) 15:06:59 ID:vg9VAthD
●5月4日(木)
・KOFXI
・サムライスピリッツ天下一剣客伝
・ストリートファイターⅢ 3rd STRIKE


836 名前:MONONOFU ◆ELM2iSaXCg [] 投稿日:2006/03/28(火) 15:09:56 ID:vg9VAthD
●5月5日(金)
・ネオジオバトルコロシアム
・メルティブラッド Act Cadenza
・ギルティギアイグゼクス SLASH


 個人的にもの凄く微妙な日程になってしまった。
 俺が見たいのは剣サム、メルブラ、北斗なんですが、見事にばらばら。
 流石に三日間とも有明まで行くってのはちょっとなぁ……。


 遂に念願の超DBZ攻略も載っていた。版権云々って話はなくなったのかな?
 ページ数多かったし、内容も結構充実していて読み応えがあった。流石に情報の早さではネットには適わないけど、ちゃんと読みやすく纏まっていて良い感じ。
 これがせめてあと一ヶ月早く載っていれば、全国が終わっても過疎らずに済んだかもしれないのに……!


 キャリバー3について。
 エイミかわいいよエイミ。
スポンサーサイト

FC2ブログランキングへ 人気blogランキングへ

コラムチックに

 先日、某スレの書き込みを読んで思わず失笑を漏らした後、そういえば「ソレ」についてちゃんと書いたことはなかったなと思い至った。
 それどころか、よく考えてみたら書かれた記事を読んだことすらない気もする。
 それなりに有意義でもありそうだし、ちょうど良い機会なので書いてみようと思う。
 テーマは「読みとはなにか」。


 格闘ゲームに限らず、二人以上の人間で対戦するおよそ全ての競技において、「読み」という言葉はごく一般的に使われる。
 では具体的にはどのような行為を「読み」と呼ぶのか。俺は以下のように定義している。すなわち。

 読み=情報を基に相手の行動を予測する行為

 重要なのはそこに情報という根拠が存在する点である。
 根拠もなく相手の行動を空想し、それに従って技を放つ行為は「ぶっぱなし」と呼ばれることが多いようだ。
 「当たれば読み、当たらなければぶっぱ」という言葉も聞くが、それは明らかな間違い。
 当たろうがなんだろうが、結果オーライかもしれないが、そこに根拠がなければそれはぶっぱである。

 余談だが、「ぶっぱ」と「勘」もまた少し違う。
 無意識のうちに情報を処理した結果や、過去の経験から統計を取ったデータが、「勘」という形で現れることがあるからだ。


 格ゲーにおける「読み」の前後プロセスを見てみる。

1.対戦の中で(時には外でも)情報を収集する。
2.収集した情報を分析する。
3.分析結果から相手の行動を予測する。
4.予測に従って自らの行動を決定する。

 狭義で「読み」と呼べるのは3だけだろうが、実際には1~3を指して「読み」と呼ぶことが多いようだ。

 具体例を出してみると非常に単純なモデルだがこんな感じ

1.小パンを3発出してみる。ヒット、ガード、ガード。
2.相手はガードを固めている。
3.しばらくガードしっぱなしだろう。
4.だから投げる。

 実際にはさらに投げのリスクリターンとか残り体力とか時間とか、様々な要素が十重二十重に絡み合ってくるのだけど、わかりやすくするために敢えて無視しているのであしからず。


 格ゲーにおいて「読み」に必要な能力は4つあると俺は考える。

 まず一つ目は観察力。
 お互いの残り体力、時間、ゲージの有無、間合い、行動パターンetc。めまぐるしく変化し続ける情報を、どれだけ細かく正確に、見逃すことなく捉えることが出来るか。
 言うまでもなく、「読み」の材料となる情報は多ければ多いほど良い……処理が追いつくのであれば。

 二つ目は論理的思考力。
 情報を分析し、そこから相手の心理状態や次に取るであろう行動を導き出す。
 正確さと素早さが求められる。

 三つ目はマルチタスク能力。手を動かしながら頭は別のことを考える能力。或いは、同時に複数の思考を走らせる能力。
 観察や思考をしている間、相手は止まっているわけではない。攻められれば守らなければならないし、また時にはこちらからも攻めなければならない。
 立ち回りつつ、並行して観察や思考を行わなければならない。

 四つ目は冷静さ。
 状況は目まぐるしく変わり、プレッシャーが襲いかかってくる。
 その中で焦ることなく上記の三つの能力を最大限発揮するために必要な能力。

 また、学問的には専門外なので詳しくないが、ゲーム理論だとか心理学だとか統計学だとか、その辺を応用できるとまた有効そうではある。


 対戦である以上、相手も同じようにこちらの行動を読んでくる。
 それに対して相手の読みをさらに読み裏をかいたり、極力情報を与えないように立ち回ったり、逆にフェイクの情報を与えて混乱させたり。
 それが読み合いであり、対人戦格闘ゲームの最も面白い要素であると俺は思う。



 乱筆乱文だが割と面倒になってきたので終わり。一通りは書いたはず。
 しかしこうして書いていて思ったけど、俺に足りなかったのは冷静さだったのだろうなぁ。

FC2ブログランキングへ 人気blogランキングへ

剣サム闘劇予選@中野TRF つづき

 続き。の前に訂正。
 ちゃーりーさんがクアレから不意打ちで倒したのは半蔵ではなくて炎邪だったっぽい。


 三回戦。相手は「テラ・タイジュ」の寺(天草)&たいじゅ(骸羅)。
 今度こそ俺が活躍せねば。幸い、天草も骸羅も破沙羅がいける相手。例によって先鋒で出る。
 出てきたのは寺さんの天草。この天草、全国でも珍しいと思われる遠距離モードメイン。しかし遠距離一辺倒というわけではなくて、状況に応じて近距離に切り替えても来る。
 遠距離モード時は屈Cを差し込まれるので鵺魂を撃たないように、近距離モード時はワープを投げて小倉はバクステ刺し足でガードするようにと心がける。
 一本目は確か問題なく取って、二本目は屈Aから武器飛ばし食らってしまって取られたような。とにかく最終戦へ突入。
 きっちり立ち回れば天草はさほど怖い相手ではない、ということを証明するかのように俺のペース。体力は大幅リード。
 しかしここで博打に出たか、寺さんが小倉連発モードに入る。バクステ失敗などもあって何発か食らってしまい体力がお互いに瀕死に。
 ここで確か俺が小倉をガードして通常投げから鵺魂を設置。したところを近距離受け身キャンセル小倉で鵺魂をかわしつつ頭上を位置取られてしまう。破沙羅は鵺魂を出したあとの硬直中。ガードはぎりぎり間に合いそうだが、バクステは着地前に空中で潰されてしまいそう。
 気合いでガードするしかない状況だったのだが、二分の一のギャンブルに勝てずに食らってしまい俺の負け。
 敗因は小倉対策を完璧には実戦出来なかったこと。何度かバクステをミスってもいたし、ガード後の反撃もぬるかった。通常投げしか入れてなかったり、それすら入れられていなかったり。
 小倉への最大反撃は天草に背面を向けさせて近屈A(背面)>立ちD(背面)>遠立ちCor影舞だけど、表ガードで安定していても例えば小足影舞とか、完全ガード友引とか色々あった。
 いつも思うけれど、理論がしっかり出来ていても実践出来なきゃ意味がない。

 続くちゃーりーさんは寺天草とはHeyで何度もやっていて慣れている模様。
 寺さんのミスにも助けられ、最後は屈C弾かれから気合いのちゃーりーノンノで勝負あり。

 そして大将たいじゅ骸羅。やっぱりHeyでよくやっている相手だろうから慣れているはず。
 と思ったら、よく考えたらそれは向こうも同じだった。
 リムルルのクアレは鈍足の骸羅にはさぞかし有効だろうと思っていたら、ことごとく喝で跳ね返される。
 さらにやりにくさから焦ったか、それともここまで一人で勝ち抜かせてしまったことで心に疲労が溜まったか、ちゃーりーさんがミスを連発。ノンノ暴発の隙を突かれたりして骸羅のペース。
 先読み組み天井などで体力差を広げられ、最後は伏せ円心殺を食らってしまってジ・エンド。
 「氷帝」は3回戦で姿を消してしまった。


 優勝したのは「沖縄帰りの凄いヤツ」kon(蒼月)&ふんじ(シャル)。
 ふんじさんは0回戦から決勝まで全部2タテで負け無し12連勝という神っぷりを発揮。
 あのシャルが闘劇の大スクリーンで見られるかと思うと、今から胸が躍ります。主に観客の反応が面白そうで。
 本戦優勝候補の一角なのは間違いないでしょう。あとはkonさんの頑張り次第か。

 とにかく今回の予選は見ていて実に面白かった。
 準決勝からの三試合はいずれも手に汗を握る展開。
 ベストバウトはやはり準決勝の「沖縄帰りの凄いヤツ」kon(蒼月)&ふんじ(シャル)vs「廃星のために」はやし(閑丸)&もりっつ(火月)。
 じりじりと間合いを計りつつ牽制を振る緊張感が非常にサムスピらしく、試合中は80人ものギャラリーがいたにも関わらず、息を呑む音さえ聞こえそうな静寂が場を包んでいました。サムスピシリーズの「静」の魅力が溢れていた。
 ああいう試合と会場の雰囲気を本戦にも是非期待したい。


 予選終了後は優勝チームを祝うためにみんなで居酒屋へ。総勢25名ほどの大所帯。
 明らかに収容人数オーバーの座敷に無理矢理詰め込む。それでも入りきらなかったメンツは土間に座り込み。
 でも狭いとか料理が微妙とかそんなことはどうでも良い。とにかく祝って、語って、飲んだ。
 遠征勢のかてんらいさんやADAさん、普段モアでよく会うわりになかなか話す機会のなかったクルスさんとかとお話できて面白かった。俺は割と人見知りするタイプなのですが、酒の力はこういうときに便利。

 しかし話してみると同じゲームに対してもみんな考え方や研究の方向が違っていて面白い。
 仙台の方では怒スピが流行っているとかで、超斬りのネタとか教えて貰ったりした。多分生涯使わない知識だと思うけど、なるほどと感心すること頻り。自分じゃそんなの調べないからなぁ。
 「理論などいらない、俺は実戦の感覚だけで戦う!」と言うレイヴンに対し、「いや、せめて各技の確反くらいは知っておいた方がいいよ」と言う俺とクルスさん。そこに横からJEO君から「でもこのゲームで一番重要なのは起き攻めのクソ択じゃないですかね」と言われて、ですよねと頷いてみたり。
 二時間以上居座って、たっぷり交流を深めました。たまにこういうのはやるべきですね。
 最後にもう一度本日の優勝チームを祝って解散。


 さて、とにかくこれで闘劇予選は全て終了。
 ちゃーりーさんは当日予選に出ないとのことなので、「氷帝」はこれで解散です。
 ちゃーりーさん、長い間付き合ってくださってありがとうございました。

 俺が今後どうするかは現在検討中。

FC2ブログランキングへ 人気blogランキングへ

剣サム闘劇予選@中野TRF

 起きたら窓から差し込む日差しが昼過ぎのそれで酷く焦った。
 最後の最後で寝坊して出られませんでした、なんてのはマジで笑えない。
 幸いにもまだ十分間に合う時間だったので速攻で支度して出発。
 調整する時間は短くなってしまったが、その分長く睡眠を取れたのでこれはこれで悪くなかったかも、などと電車の中で思った。
 気力体力ともに充実、体調も悪くないし変な緊張もしていない。ベストに近いコンディションで、いざ決戦の地へ。

 剣サム闘劇最終予選。
 狭い中野TRFは人の群れでごった返し。
 予選前の野試合も大盛況。対戦台2セットあったのは良かったのだけど、何故か3本先取設定になっていたので待ち時間が異様にかかってしまうのはいただけなかった。
 サービスのつもりだったんだろうけど、回転早くするために2本先取の方がありがたかったか。
 調整出来ないかもと不安になっていたけれど、なんとか番が回ってきたので気合いを入れて対戦開始。
 野試合での調子は上々、落ち着いて動くことが出来ていて、食事をするために捨てゲーするまでずっと連勝を重ねられた。
 脇からギャラリーの声が聞こえる。
「しぐるどさん、仕上がってるゥ!」
 調子悪くはないけど、仕上がってると言うほどでは。あとそれ、言いづらくね?
 俺が席を立った後、空気読めないゆー君がコインを入れようとしていたので軽く、けれど全力で止めておいた。一日一善。


 食事を終えて戻ってくると、丁度予選が始まるところだった。
 40チーム80名参加。事前の予想よりは少なかった。
 トーナメント表を見ると、うちのブロックは二回戦でウチヤマ(お茶麻呂)&キャベツ(火月)チームと当たり、ここが壁になるだろうと予想。……と、そこまで考えて、そういやお茶麻呂対策してなかったと焦る俺。そんなレアキャラ知らないですよ。しまった、どうしよう? どうにかしよう。
 逆にここさえ抜ければ決勝までは行けそうな気配。
 今回の主な対抗馬であるはやし(閑丸)&もりっつ(火月)チームとkon(蒼月)&ふんじ(シャル)チームとは逆のブロックに入れたのは大きい。
 とは言え誰にでも勝つ代わりに誰にでも負けるのが俺クオリティ。油断だけはしないようにと自分を戒める。


 一回戦。相手は「即席漢」のレラ&閑丸。
 2Pを取って先鋒は俺。出てきたのはレラ。
 タイミングをずらしたジャンプでレラのダッシュCを誘って出がかりを潰して技ありを狙おうという作戦がことごとく失敗。一瞬でもダッシュCが遅れていれば技ありになっていたはずなんだが、これは相手の反応と思い切りが良かったか。
 大幅にリードを取られるものの、俺もなんとか盛り返してお互い瀕死状態でレラが画面端でダウン。残り時間あと僅か、体力は破沙羅が若干負けてる状況。
 ここで俺が取った選択肢はB影騙しを出しておいて友引重ね。しかしこれは読まれていたのか、レラが起きあがりに出した連斬を食らってしまってこのラウンドを落とす。畜生、誰だよ、連斬に投げ無敵なんてつけたのは。
 2ラウンド目、似たような展開で似たような状況が訪れる。再び画面端でダウンを奪った俺。起き攻めに行く前の一瞬で考える。
 ここまでのプレイスタイルを見た限りでは相手は割と素直な性格をしているっぽい。ということは裏の裏を読んできたりはせずに、同じ状況なら同じ行動を取るのではないか。つまり、また投げ読みで起きあがりに連斬を出してくるんじゃないだろうか。
 そこで今度はB影騙しを出しておいて近立ちB重ねをしてみた。読み通り相手は起きあがりに連斬を出してきた。発生負けして連斬食らった。ちょ、まっ……。
 B影騙しではなく素直に本体が垂直ジャンプしてJCでも重ねておけば良かったと思っても後の祭り。
 7連斬を食らい、レラの怒りが溜まり、剣気が回復し、追い打ちがやたらと減って、生き残ると思っていた破沙羅死亡。ショブアリー。

 俺弱スと凹んでいたが、ここで頼りになる相方ちゃーりーさん登場。
 ダッシュAの牽制で地道に体力を削り、的確に連斬を差し込んだりしてレラを倒してくれた。
 続く閑丸も撃破し、ちゃーりーさんの逆2タテで「氷帝」2回戦進出。


 2回戦。相手はウチヤマ&キャベツ、ではなくて。そこを破って上がってきた「取れたらいいね」の元住T.O(炎邪)&alh雪(半蔵)。そうか、このチームもいたか。あまり露出はないけれど実力は折り紙付きの二名。ちょっとヤバイかも。

 先鋒戦は俺vs元住T.O。破沙羅vs炎邪。
 実は元住さんの炎邪には、7:3ぐらいで破沙羅有利だった前作でも負け越している俺。そのぐらい苦手な相手だが、そうそう負けてもいられない。
 などと意気込んでいたのだけれど。
 実にあっさりと負け。
 小足に合わせた不意打ちを食らいすぎた。今になって思えば炎邪相手に小足なんて振る必要はなく、レバーを後ろにいれながらA押しているだけで良かったんじゃ? あとは対空さえきっちりやればダメージ食らう要素はほぼ無いような。
 全てはあまりに今更。
 間違いなく元住さんは強かったし。怒っている状態で六道地獄道を当てても、期待値の高いMAX天道ではなく敢えてタイミングが一定なノーマル天道を出して、それをきっちり決めたあたりに心底感心した。
 完敗というほかなく、脱帽。納得のいく負けでした。

 今度こそ終わりかと思ったものの、今日のちゃーりーさんは本当に仕上がっていた。
 動きも機敏でネタは冴え渡っていた。終始炎邪を寄せ付けず、2ラウンド先取で勝利。
 元住さんはリムルル戦の経験が少なかったようなので、ここにきて日頃のやり込みの差が出た形になったか。

 続くalh雪半蔵戦。お互いにほぼ完勝ペースで1ラウンドずつ取り合って、迎えた最終戦。
 先に追いつめられたリムルルはたまらず爆発。一閃のプレッシャーを盾に投げて、そこから起き攻めを仕掛けるが今度は半蔵が爆発して起き攻め回避。
 密着での混戦になるが、ここでリムルルの一閃がヒットし、逆に半蔵の一閃はガードされたのが大きかった。
 お互い瀕死の状態で半蔵がダウン。リムルルがクアレを置いて、さらに重ねた不意打ちがヒットして勝負あり。
 再びちゃーりーさんの逆2タテで「氷帝」は3回戦へ。

 ……あれ、もしかして俺お荷物?

 長くなったので明日へ続く。

FC2ブログランキングへ 人気blogランキングへ

最終予選前日

 新宿スポラン本館のランダム2onは参加者20名10チーム結成。
 俺はタケさんと組むことになりましたが、準決勝でふせレラに2タテされて敗退。
 俺はレラ戦をよく分かっていなかったことがよく分かった。三角降り潰しでダッシュCを使ってくるのね。何を今更。
 しかし闘劇予選じゃない大会って、プレッシャーがなくて実に気楽で良い。なんか久しぶりに大会を楽しんだ気がした。

 大会終了後は適当にフリープレイやって、それからTRF行こうかと思ったものの早起きして眠かったのでキャンセル帰宅。
 フリープレイでは久しぶりにチャムチャムなんぞ使ってみた。クソゲーにしてやったですにゃ!
 顔引っかきのビタ重ねの精度が甘かったけど、サブだし別に練習しなくてもいいか。


 帰宅してから、JEO君&石井さんの急造チームが沖縄予選を通ったとの報が入ったので、早速電話をかけて言祝いだ。いや、めでたい。
 これでもし通過出来ていなかったら、帰ってきたJEO君を迎えてどんな顔すればいいのかわからかった。
「笑えばいいと思うよ」
 殴られるか蹴られるかすると思うから却下。

 ともかく無事に通過してきてくれたんで良かった良かった。
 これであとは俺が明日TRFで通過すれば第一部予選編は大団円で終了ですかね。

 さ、明日は頑張ろう。

FC2ブログランキングへ 人気blogランキングへ

雑。

 いよいよ明日は剣サム沖縄予選ですね。
 闘劇予選がメインとはいえ、開催される地はパスポート無しで行ける日本の南国、沖縄。
 白い雲、青い空。暖かな日差しと琉球情緒溢れる文化が待っていることでしょう。
 まだ早いだろうと分かっていつつも、ついつい浮かれて水着なんか用意してみたり。
 首尾良く予選を通過出来たら、本場の泡盛で大酒宴。度数が高いけど酔っぱらっても気にしない。めでたい席は無礼講です。
 さらにもしかしたら、ミナ似の沖縄美女との出会いがあるかも?

 ま、行かないんですがね。妄想乙。
 そのうち機会をうかがって観光に行こう。どうせなら夏場。


 明日は新宿スポラン本館でのランダム2onと中野TRFでの対戦会。
 二つ被るというのは正直予想外だったんですが、上手い具合に分散出来ればこの方が効率よく対戦出来るかも。

新宿スポーツランド本館
・1プレイ100円
・対戦台2セット
・14時からランダム2on大会(エントリー受付は13時から)

中野TRF
・1プレイ50円
・対戦台2セット
・狭い
・メイドさんがいる

 二店の比較はこんな感じ。
 ちなみに新宿―中野間はJR中央線快速で一駅。歩きの時間含めても20分もあれば移動出来るかと。
 TRFは初めてだとちょっと場所が分かりづらいんですが、中野ブロードウェイという建物のエレベーターに乗って4Fに上がった目の前、だと覚えておけば大丈夫。


 先日行われた超DBZ全国大会のレポートが公式サイトに掲載中。
 おお、キースさんがいる。……いやぁ良かった、キースさんが「キース」という名前で載っててくれて。
 エントリー用紙に書いたらしい「関西から来たしぐるど」なんて名前で載ってなくて良かった。キースさんがネタを貫き通さないでくれて本当に良かった。

 準決勝・決勝の動画はアップされるようなので期待。元プレイヤーとしてはやっぱり気になるのですよ。
 4/21のVジャンプも期待。超DBZ日本一として紹介され、全国のちびっ子のヒーローになるであろうキースさんのコメントに全米の注目が集まる。


 今日は金曜ということでモアへ。その前に、ちょっと用事があったので新宿西口のビックカメラに寄ってみた。
 何気なくゲームフロアに行くと、ざわ・・・・ざわ・・・・とした空気が漂っている。なんとなく店員のアナウンスも普段より頻繁にある気がする。
 気になったので店員のアナウンスを注意して聞いてみた。

「ただいまこちらのレジではニンテンドーDSLiteの販売のみを行っております!」

 どうやら偶然DSLiteゲリラ販売の現場に居合わせたらしい。
 せっかくだから俺はこのエナメルネイビー(通称スク水カラー)を選ぶぜ! ということで30分ほど並んであっさりゲット。
 まだ暫くは入手に苦労するかと思ってたんですが、巡り合わせが良かったんですかね。
 同時購入したソフトは川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のDSトレーニング(脳トレ)と英語が苦手な大人のDSトレーニング えいご漬け

 DSLiteは俺が遊ぶためというよりも親にやらせてボケ防止にでも役立ててもらおうと思って買った物。
 とはいえ全く遊ばないのも勿体ないので、脳トレをやってみた。
 一応ゲームの概略を説明すると、単純な計算や色彩判別などをして脳を活性化させようというもの。スコアは脳年齢という形で表示され、20才が最高値とされる。
 で、初期設定を済ませてとりあえず現在の自分の脳年齢を計ってみる。

 結果、20才。

 ……今後俺は何を目標にこのゲームを続けたら良いのですか。

FC2ブログランキングへ 人気blogランキングへ

緊急告知

 3/25(土)に新宿スポーツランド本館にて剣サムランダム2onが行われます。
 13時エントリー受付開始、14時大会開始予定。

 コンセプトは明日の敵は今日の友。今適当に考えた。
 翌日のTRFのために遠征を予定されている地方の方々、一日だけ早く上京して参加されてみては?
 交流を深めるいい機会だと思います。さらには直前の調整にも。
 最終予選の前夜祭(昼だけど)、盛り上げていきましょう。

FC2ブログランキングへ 人気blogランキングへ

Tokyo Ranking Fighters

 したらばでTRFの詳細が出ましたね。

343 名前: TRFスタッフ 投稿日: 2006/03/22(水) 18:33:43

闘劇予選のレギュレーションが変更になったので告知します。

二時エントリー開始、三時大会開始
参加費100円、人数制限無し

HPのイベント情報も近日変更致します。


 素晴らしい。これで憂い無く最後の予選に臨めそうです。
 ただ、やっぱりTRFは狭いし無理してもらっているのも事実。
 我々プレイヤーも大会運営に協力する必要があるでしょう。
 具体的には、TRFのすぐそばに搬入口がある関係で籠車が通ることがよくあるので、その際には通路を空けるようにするとか。
 一般の方の通行の邪魔にならないように、通路いっぱいに広がらないように気をつけるとか。
 自分の出番をちゃんと把握して、呼ばれたらすぐに来るとか。そんな感じ。


 トモノさんが遂に北斗の予選を通過したとのこと。
 あのトキばかりの世紀末をシンで。
 日頃からモアとかで苦しんでいるのを見て応援していたので、これは本当に嬉しい。おめでとう!

 俺はこの前の蒲田予選で負けて以来、酷く萎えてモチベが下がっていたのだけど、これを聞いて復活した。負けてられん。
 なんかみなぎってきたので改めて頑張ります。

FC2ブログランキングへ 人気blogランキングへ

中野TRF様よりの回答

 既に知れ渡ってるみたいですが、要約すると「レギュレーション変えるつもり」とのこと。
 具体的にどうするかはまだこれからみたいですが、一応我々プレイヤーの意向を反映する方向で動いてくれてるみたいです。
 多分22日中ぐらいには発表されるんじゃないでしょうか。
 迅速な対応をしていただいた中野TRF様には感謝を。


 本日は町田のサムスピ交流対戦会に参加しようと思っていたものの、WBCを見ていたらすっかり遅くなったので取りやめ。
 WBCは日本は強かったけど、なにより実況が審判を意識しまくっているのが面白かった。

「主審がよく見てくれていました」
「これは文句なしのセーフ」
「今回のWBC、色々と誤審などもありましたが」
「ボブ・デービッドソンという名前は忘れましょう」

 普段は野球なんてさっぱり見ないし、国際試合も興味はないんだけど、今回ばっかりは最後まで見てしまった。
 ボブ・デービッドソン審判の今後が気になる。米国内でもまだ審判続けられるのかな、あれ。

FC2ブログランキングへ 人気blogランキングへ

中野TRF剣サム闘劇予選問題

 今週末3/26(日)に中野TRFで行われる予定の最後の剣サム闘劇予選ですが、なにやらきな臭い噂が。
 TRF発行のメールマガジンに載っていた情報らしいのですが、

241 名前: 天下一名無し剣客 投稿日: 2006/03/20(月) 12:12:29

ソース貼っときますね

>3/26(日)★19:00~
>      闘劇予選 サムライスピリッツ 天下一剣客伝
>      限定16チームで開催(当日エントリーのみ受付)
>      参加費一人500円
>      ※協力者や基盤確保などでレギュレーションとか
>      開始時間とかは変更があるかもしれません。


 ……ちょっと待て。
 ここ最近の予選状況を鑑みるに、40チーム前後は参加すると予想出来るのに16チーム限定?
 さらにそのチーム数にしても19時開始というのは遅すぎる。翌日は平日ですよ?
 さらにさらに、参加費がひとり500円? 1チームじゃなくて? 1チームだとしても高いけど。
 これはちょっと納得しかねるものがある。

 闘劇予選店舗というのは、事前にアルカディアが募集をかけてそれに店舗が応募するという形をとったもの。
 である以上、店舗側には最低限闘劇予選としての機能を果たす責任が存在するはず。いくら予選開催費を店舗側が支払っているとしても。
 40チームの参加が予想される地域において16チーム限定で予選を行うということは、プレイヤーの実力に関係なく単なるエントリー早い者勝ちになってしまう可能性が非常に高い。
 そのような状況は闘劇予選としての機能を果たしているとは到底言えない。よってTRFはレギュレーションを変更するべきである。

 論旨に矛盾は特にないはず。
 TRF側からしてみれば、「そんなこと言われても店のスペースの問題とかあるんですよ」とか言いたいところだろうが、だったらそもそも応募するなって話だし。こんなの事前に十分予想出来ただろうし。応募したからにはちゃんと責任は果たすべし。


 で。なんとかしろ、とだけ言っても仕方がないので代替案なりを提案してみたいと思う。
 まずは現状の問題点を列挙してみる。何故、TRFは前述のようなレギュレーションを提示せざるを得なかったか。
 以下は推測を含む。

Q1.なぜ参加チームが16チーム限定なのか?

A1.店舗面積が狭く、多くの参加者が集まると収容しきれないため。
 店舗から人が溢れると、近隣の店舗やテナントに迷惑をかけてしまう。
 また、現在TRFには剣サムの基板が存在せず、予選を開催するためにはレンタルしてくる必要がある。
 1台だけのレンタルだと参加チームが多いと終電までに予選が終了しない恐れがある。


Q2.なぜ大会開始時刻が19時と遅いのか?

A2.日中は近隣の店舗が営業中であり、多くの人が集まると迷惑になるため。


 ここから分かることは、要するに店が狭くて収容人数が少ないのが全ての元凶であるということ。
 さて、ではどうするべきか。


■解決案1:今から予選開催を辞退して、他店舗での実施に変更する。

 実のところこれが一押し。出来ないことを無理にやろうとせずに、出来るところにお願いして任せてしまう。
 したらばなどネットを介せばかなりの層に告知できるだろうし、ネット環境ない人にも当日朝から店頭にその旨を伝える貼り紙などを用意すれば対処できる。
 変更先は中野からのアクセスや収容人数などを考えれば新宿のスポラン本館あたりが最適か。当日スポランはギルティのレディース大会やってるけど、同時開催はなんとか可能と考えられる。もちろん、スポラン様次第ではあるけれど。
 クラブセガ新宿西口も候補。剣サムは1台しかないが、同日のイベントが2Fで実施予定の三国志大戦大会だけであり、B1F格闘ゲームフロアでは特になにもないため。


■解決案2:当日はTRF店内の筐体を剣サム以外全て撤去して貸し切り状態にする。

 TRFは狭い店舗ではあるけれど、筐体を撤去すれば一応それなりのスペースは確保できるはず。
 撤去された筐体のインカムはなくなるがそれは仕方がない。もっとも、その分は剣サムの野試合分でお釣りが来そうではあるけれど。
 この際は剣サムの基板は2枚は用意しておきたい。プレイヤーのツテを使ってどこかのゲーセンから融通をきかせてもらうか。


■解決案3:時間を細かく区切って、参加者以外はどこかよそに行っていてもらう。

 これはちょっと分かりづらいけれど、例えばエントリー締め切りを12時くらいにしておいて、12時半までにはトーナメント表を発表。
 A・B・C・Dの4ブロックに別れたとしたら、Aブロックの予選開始は13時~、Bブロックの予選開始は14時30分~、という風に開始時刻をずらしていく。
 そしてそのブロックの参加チーム以外は、見学したい人には申し訳ないけど邪魔になるのでどこかよそに行っていてくれ、という形。
 余裕を持って組まれたタイムスケジュールと円滑な大会進行が必要となるし、店舗側とプレイヤー側双方が少しずつ妥協する必要があるけど割と現実的な案だと思う。


 まぁこんなところか。
 どう足掻いてもTRFが狭いのは変わらないので、俺としては案1になってくれると嬉しいのですが。

 TRFさんに何より言いたいのは、自分の責任を果たしてくれということもそうなんだけど、参加人数制限しないでちゃんと日中から大会やった方が店の利益になりますよ、ということ。
 だって80人からの客が訪れるわけですよ。俺も色んな予選に参加しましたけど、例外なく大会開始前、終了後ともに対戦台は大盛況でした。
 例え多少の面倒があろうが、この機会を逃す手はないと俺は思うのですが。


 あとはプレイヤーとして出来ることは、TRFと闘劇事務局にそれぞれメールを出すことぐらいですか。
 数は力なんで、TRFレギュレーションに不満がある方はバシバシメールを送るべし。
 もっともスパムメールは完全に逆効果なのでそれは避けて。メールは丁寧に、感情的にならず、論旨を明確に。
 何しろ予選まではもう一週間もないので、アクション起こすならお早めに。
 最後の予選、通過するにしろ落ちるにしろ、せめて納得いく形で終わって欲しいものです。

FC2ブログランキングへ 人気blogランキングへ

超ドラゴンボールZ全国大会

 したらば超DBZ掲示板の某スレに結果報告が上がっていた。

43 名前: 名無しさん 投稿日: 2006/03/19(日) 12:50:18

たいへんだ
ぜんこくたいかいにしぐるどさまがあらわれたぞ


44 名前: 名無しさん 投稿日: 2006/03/19(日) 15:39:31

本日15時、しぐるどさまがねんがんのぜんこくゆうしょうをはたしたぞ!
しぐるどさまはぶたいじょうで「さいこうです」をくりかえし、パンピーサファリ勢ははくしゅさんかいをしながらは「すべてよめていた」としぐるどさまをほめたたえていました。

 おお、それは凄い。流石はしぐるど様だ。
 などと今日一日自宅にいた俺が言ってみる。

 優勝したのはキースさんのフリーザだったとか。おめでとうございます。
 見学に行こうかなと思っていたけど、外出する気力が出ませんでした。
 そのうち動画がアップされることを期待します。
 しかし次の全国大会か、次回作の制作発表でもない限りは一気に過疎るんだろうな、このゲーム。
 少なくともPS2版が出るまでは何も進展なさそうだけど。


 3/21(火)の午前10時から町田ビートライブにてサムスピ対戦交流会が行われるとのこと。
 剣サムに限らず、初代・真サム・斬サム・天サム・零サム・零SPと新旧織り交ぜてサムスピが楽しめるイベント。
 基板やマザーの持ち込みも大歓迎らしいので、どうしてもプレイしたい作品がある人や、その場で崇められたい人などは持参すると良いでしょう。
 昔を懐かしむも良し、闘劇予選に向けて剣サムをやり込むも良し。
 対戦しないでもその場で歓談するだけでもなかなか楽しそうです。
 詳しくは【町田】小田急沿線スレ【遊園など】にて。

FC2ブログランキングへ 人気blogランキングへ

剣サム闘劇予選@パソピアード東京

 初心者以下の動きしか出来ず、一回戦にて敗退。
 優勝したのは「りむしず」のミヤモトさん&さばみそさん。おめでとうございます。

 流石にちょっと自信喪失した。いくらなんでも今日のは酷い。
 別段手を抜いたつもりもなく真面目に勝ちに行ったはずなのに、あの体たらく。思い返すと顔から火が出る。
 実は根本的に俺には才能がないのかもしれない、とか思ったりした。
 少し剣サムについて、格ゲーについて改めて考えてみようと思う。


 最近、割と愚痴っぽくなってしまっていてあまり面白いことが書けずに申し訳ない。
 ちょっと精神的にアレな状況なのでどうかご容赦を。
 なんとか復活したいとは思っています。

FC2ブログランキングへ 人気blogランキングへ

風邪っぴき

 昨夜湯船で居眠りしてしまい、見事に風邪をひいた。
 油断してると泣きそうになる酷い頭痛を抱えて、それでも明日に備えて調整しておきたかったので無理してモアに行ってみた。

 無理だった。

 諦めてとっととモアから戦略的撤退。
 明日目が覚めたらすっかり治っていることを心の底から祈る。

 明日は蒲田のパソピアード東京にて剣サム予選。
 どれだけ集中できるかが勝負。
 今日出来なかった分、明日は早めに現地入りして調整しよう。

FC2ブログランキングへ 人気blogランキングへ

サファリ

 天気が荒れるとの予報が出ていたのでとっとと帰宅。
 の前に、ちょっとだけサファリを覗いてみた。
 1プレイぐらいは剣サムやっておきたかったし、キースさんでも超DBZやりに来ていないかなと思ったので。
 サファリに来るのも久しぶりだなー、などと思いつつ階段を登って中に入った。

 …………。
 一歩足を踏み入れて途方に暮れた。
 はて、いつの間にサファリは人外魔境になり果てたのだろう。

 噂には聞いていたけど、超DBZ勢のノーモラルっぷりはやばい。
 サファリはもともとDQNの多い店だったけど、その中でも特に酷いんじゃないだろうか。
 よく出禁になっていないなといっそ感心すらする。
 他のお客さんとトラブって怪我人が出たりすることのないように切に祈る。

 ……俺も人の振り見て我が振り直そう。
 俺の場合、たまに手を叩いたりしてしまうのは意図的ではなくて単なる癖みたいなものなんでなかなか直しづらいんですが。
 それでも馬鹿にされたと誤解して不快に思う人がいるのも事実でしょうし。

 対戦自体は流石にレベルが高いので少し観戦していきたかったのだけど、それ以外の要因で無理過ぎたのですぐに退散した。
 剣サムもキン肉マンの影響で場所を移されたせいか、過疎ってデモ画面が流れていたし。
 キースさんもいなかったし。
 帰宅してからしばらく後に土砂降りになったので、早めに帰った選択は正しかったと思う。

 全国大会では流石にもう少し大人の対応をしてくれるものと信じたい。
 いつものことと慣れている身内ばかりの場ではないんだし、何より会場にはお子様や家族連れも多く来ているだろうと思われるので。

FC2ブログランキングへ 人気blogランキングへ

水モア

 やはり闘劇予選も残り少ないせいか、いつにも増して剣サム周りは人が多い。
 さばみそさんとか、普段モアで見ない方がいっぱいいた。大阪からはキースさんも。
 一瞬なんでキースさんがここにいるのだろう?と思ったけど、そういえば今週末は池袋で超DBZ全国大会があるんだった。
 それにしても今から(実は昨日からいたらしい)東京入りとはモチベ高い。
 俺も超DBZもう少しやっていれば対戦楽しめたんだろうけど。
 少なくとも予選通過するまでは剣サム一本で。

 もっとも、予選通過したら4/3からの稼働に備えてキャリバー勢になる可能性が高かったりする。


 カイヌマがでかいヨドバシの袋を下げていたので、何かと思ったらXBOX360だった。
 ランブルローズXXに備えて、とか言ってた。バカだなぁと思った。買ったら是非やらせてもらおう。

 剣サム野試合。
 さばみそさんのリムルルと何戦かやってみたけど、あまり経験のないタイプの動きをしてきて少々まごついた。
 これは予選前に対戦できて良かったかもしれない。いきなり当たってたらきっと何も出来ずに負けてたと思う。
 土曜日までに色々とシミュレーションしておこう。

 切符持ちとか次の予選で抜けそうな人とか沢山いて対戦したけど、特に問題はなさそうだった。
 キャラ対策も概ね出来ているし、あとはそれに従って厳密に動けば大丈夫そう。辛い組み合わせとかも特になし。
 強いて問題点を挙げるとするなら、相変わらず中段が見えていないのでなんとか見えるようになっておきたい。
 各キャラの不意打ちとかダッシュB中段とかを見てガードする練習したいのだけど、こればっかりは家庭用はあまり信用できないから面倒くさい。アトミスバグめ。
 いっそevoみたいに家庭用で大会やってくれた方が良かった気すらする。

 万全を期すために、地刺しの対空精度ももう少し高めておきたい。
 今日、何故かみんなが破沙羅を使う破沙羅祭りが開催されてたのだけど、みんながみんな地刺しでの対空は俺より上手いでやんの。
 反応とかそういった面では俺はやはり劣るのだなと、妙に納得した。
 ……というかアレか。冷静に思い返してみると、みんな立ちDでは一度も対空していなかったということは、俺が普段地刺しで間に合う場面を立ちDで妥協してしまっていることも多いという可能性が高いか。
 地刺しと立ちDではダメージが2.5倍~3倍ほども違うのだから、対空は全て地刺しで行うぐらいのつもりでやってみよう。

 ところで、ふんじさんも破沙羅を使っていたのだがこの破沙羅が俺以上に破沙羅らしかった。
 常時影騙し。端で見ている俺ですら本体がどこにいるのかさっぱりわからなかった。
 非常に幻惑効果が高くて破沙羅的で面白いのだけど、ちょっと自分で真似するのは難しそう。なんといっても怖い。ダッシュから目の前で影騙しとか普通は出来ない。
 ふんじさんは本当にファンタジスタだと思う。


 今日の最大の収穫。ふんじさんのシャルに勝てた!
 単なる野試合で、ふんじさんの調子が悪かったのかもしれないし、たった一勝出来ただけだけど、この一勝の意味は限りなく大きい。
 これでもう、ふんじさんと当たっても絶望感から萎縮してしまわなくてすむ。
 もはや剣サムにおいて怖いものは何もない。そう、言うなれば今の俺は恐怖を乗り越えたしぐるど。
 でも精神的動揺以外によるミスがそもそも多いので、あまり変わらないのかも。

FC2ブログランキングへ 人気blogランキングへ

防御能力育成シフト

 自身の防御能力を上げるために、制限つきのプレイを課してみることにした。
 骸羅がいたのでおもむろに破沙羅で乱入。脳内で決めた今回のお題はこちら。

・鵺魂禁止
・地刺し禁止
・可能な限り画面端から動かない

 骸羅シフトよ、さようなら。

 で、やってみた――3連敗した。
 なんだこれ、超マゾいぞ!?

 なかなか新鮮な感覚で面白かった。
 気分はノーガード戦法のカウンター使い。近寄らせてやるから投げに来いよ! 何、このマゾ。

 骸羅以外が相手のときも似たような感じで対戦してみたが、集中してても投げを避けるのは難しい。
 「今Eボタン押したって!」と心の中で叫ぶ場面が何度もあった。どう考えても反応が間に合っていないだけ。
 また、零スピだと折角投げを避けても近屈Cが間に合っていない場面も多かった。その点からしても剣スピは優秀だと再確認。

 あんまり防御能力がアップした気はしないけど、それこそすぐにどうこうなるものでもないだろう。
 焦らずやろうと思う。


 上記の防御能力向上計画と並行して、境地を実戦で使用する練習も行ってみた。
 ポイントは二点。

1.確定ポイントを逃さず発動できるか。
2.発動後、状況を的確に判断して最大コンボを決められるか。

 成果はそこそこ? まだ慣れない。
 でも9割コンボとか決められたし、使いこなせれば絶対に強いので適度に練習続けよう。

FC2ブログランキングへ 人気blogランキングへ

考察

 考えてみたら何よりも書かねばならないことを忘れていたことに気づいた。
 FAGさん&猫さん、予選通過おめでとう。


 さて。
 群馬予選で無惨に敗れた瞬間頭が真っ白になって、ちゃーりーさんに声だけかけて残りの試合も見ずにさっさと店を出た。
 もう精神がぐちゃぐちゃで、あの場に一秒たりとも居たくなかった。
 一人で駅まで迷いながら30分ほどかけて歩いて、電車の中で少し眠って、ようやくほんの少しだけ落ち着けた。
 まだ予選はあと二箇所ある。


 以下は自己との対話。書きながら考えをまとめてみる。読み飛ばし推奨。

 結局は俺がまだまだ弱かったということで、少なくともあと一段階レベルアップする必要があるんだと思う。
 これだけやっていれば自分の弱点というのは当然知っている。俺は防御がヘタクソ。原因は反応の鈍さ。コマンド精度が低いという弱点もあるけど、そっちはとりあえず無視しておく。
 そして防御がヘタということを自分で知っているからこそ、俺の破沙羅は攻め重視のスタイルを取っている。
 守ろうとしても守りきれないから、その前に攻め殺そうというわけ。
 そもそも今作の破沙羅は起き攻めで殺すキャラだと思っているし。

 破沙羅の防御面について。
 対空では立ちDや地刺しが悪くはないがカウンターを食らう不安を残す。
 牽制では小足や屈Aが回転は早いもののダメージとリーチが足りない。
 ダッシュAもゲージがないとリスクの方が高いはず。
 ただ、投げ避けは優秀。投げを避けてノーゲージで5割ダメージが取れるキャラというのはそんなにいないだろう。

 以上のことを考えると、普段は飛び込まれても近寄られても手を出さずにじっとガードで我慢して、相手がじれて投げにきたところを一点読みで避けて反撃、というスタイルがいいのか?
 ……だから、俺の反応だとその「ガードで我慢」というのが難しいんだってば。
 中段もめくりも見えないし、ダッシュでの接近にも反応が遅れる。結果、小足先端ぐらいの間合いにいたはずなのに気が付いたら投げられてるということも多い。
 そうならないために、あらかじめ小足を多めに振っているんだし。

 バッタしながらJC撒いて壁をつくるという戦術は?
 リターンは文句ない程度にある。運良くカウンターになれば大ダメージ。
 ただ、やっぱり信頼性には劣る。近寄られて昇りJCを食らうことが多い。
 時折使うぐらいにはありだろうけどメインの戦術には据えられない。
 やっぱり地上で我慢するのがいいのか。
 俺の反応速度があげられれば、間違いなくそれがベスト。
 難しそうだけど、その線で練習してみる?

 短所を克服するのではなく、長所を伸ばすという方法はちょっと無理そう。
 いや、防御を上手くなるというのも一朝一夕では出来ないことだけど。
 これ以上起き攻めのパターンを増やしたり連続技を開発したりというのは、それこそ今週中には無理そうだ。
 なにより今俺に必要なのは安定性。そのためにはやっぱり防御面の強化だろう。

 とりあえず、負けまくることを覚悟でガン待ちの練習をしてみよう。

FC2ブログランキングへ 人気blogランキングへ

剣サム闘劇予選@アミューズメントももたろう笠懸店

 三時間かけて群馬まで行ってきた。
 三回戦でふんじさんにボコられて負けた。

 一度立ち回りなど理論を全て基本から考え直そうと思う。
 vsふんじさんに限らず全般的に。いくらなんでも負けすぎだ。

FC2ブログランキングへ 人気blogランキングへ

剣サム闘劇予選@スポット21

 戦闘前ということでポーションでも用意しておこうかと思ったが、よく考えたら対戦で消耗するのはHPよりもMPのような気がしたのでやめた。
 エーテルとか売り出してたらきっと買ってたと思う。そのうち出しそうだ、500円ぐらいで。
 エリクサーが1000円といったところか。フェニックスの尾はプライスレス。


 予定より若干遅れて予選開始。36チーム72名が参加。
 あの狭いビートライブよりも少なかったというのはちょっと意外。
 しかしビートラやスポランより少ないと言ってもそれでも大人数。スポットも決して広い店ではないので押し合いへし合いすし詰め状態でした。なんか超DBZ勢とかも来てたしな。
 俺は例によってしぐるど(破沙羅)&ちゃーりー(リムルル)の「氷帝」で出場。

 一回戦の相手は「ダブルブリザード」のいろは&閑丸。
 面倒くさいチーム構成だなぁと思いながら先鋒で出陣。相手は閑丸。
 のらりくらりと立ち回って相手の事故を期待してたら気が付いたら勝ってた。
 こちらは事故らないように気をつけつつ、相手を事故らせる。これ。
 そもそも閑丸相手に正面から叩き合いなんか出来るわけがない。

 続いていろは。中の人はサム零闘劇でベスト8だった令さん。
 一本目は迂闊に振ってしまった対空立ちDを二段ジャンプでかわされて隙を刺される、というパターンを何度か食らってしまい破沙羅が死にそうに。
 しかしそこから上手く破沙羅の起き攻めが機能して一気に体力を取り返す。
 最後は教訓を生かして二段ジャンプで飛び込んで来たいろはの下をダッシュでくぐって裏からダッシュCで対空して一本先取。
 二本目は小足を食らいまくってまたまた破沙羅が死にそうに。でもまだ頑張れそうだったので足掻いていたら仕込んでおいた小足影舞が発動。これは爆発で回避されてしまい、このラウンドはそのまま落としてしまったが、爆発を使わせたことにより精神的にはかなり楽になった。
 最終戦、残り時間10秒程度、体力はこちらがちょい不利程度からダウンを奪えたので積極的に起き攻めを敢行。当たってくれたので影舞まで決めて、時間と体力を削って時間切れで勝負あり。
 「氷帝」は二回戦進出。


 二回戦の相手は「地獄少年」の炎邪&雲飛。

 先鋒戦は破沙羅vs炎邪。MAX六道の恐怖が脳裏にちらつく。
 が、怖いけれど基本的には破沙羅有利の組み合わせ。焦らずひよらず、作業に徹すれば勝ちは見える。
 後転鵺魂、後転地刺し、遠距離からの遠立ちC牽制などを駆使してほぼ無傷で二本連取。キャラ勝ちですね。

 続いての大将は雲飛。コマ投げで吸われても良いように零スピ選択。あまり影舞当てる機会もないし。
 雲飛相手は攻めっ気を出すと迎撃されて体力差を広げられると知っているので、基本的には画面端に引きこもり。
 時折虚を突いてちょろっと前に出たり、出てきた雲飛を迎撃したりしていたら一本目は勝ってた。
 二本目は逆。一本目勝って少し攻めっ気を出してしまい、そこをやっぱり迎撃されてラウンド落としてしまう。
 最終戦。ここまでお互いに一度も怒らずゲージは全て境地に変換済み。境地の使い方が勝負を決める、ということを意識しすぎてしまったのか。
 俺の立ち回りがぎこちなくなってしまい、じりじりと体力リードを広げられ、境地を発動する隙も見つけられないままに残り数秒。
 仕方なく境地を発動してから崩しに行き、ラッキーにも小足が当たってくれてそのまま一閃まで繋いだものの、逆転するには至らずに時間切れで勝負あり。負けてしまった。
 今から考えれば、境地は50%以上は溜まっていたんだから小足ヒット後は遠立ちC連打とかの方が良かったか。爆発で抜けられても時計が止まるのでそれはそれで良いし。
 あと崩す際に影騙しの存在が頭からすっかり抜けていたのは阿呆としか言いようがない。
 普段からもうちょっと境地を使い慣れておかないと、こういうときにボロが出る。気をつけよう。

 さて、負けてしまいこれで終わりかと思ったが、うちの大将ちゃーりーリムルルが冴えていた。
 起き攻めを見事に決め、牽制やシラルの貼り方も絶妙で、危ういながらも雲飛撃破。大将戦を制してくれた。
 ちゃーりーさんの働きにより「氷帝」は神の待つ三回戦へと進出。


 三回戦。ついに神が現れた。チェーンソーごときではびくともしない最強の神、その名はふんじ。「ザ・サムライ」のkon(蒼月)&ふんじ(シャル)登場。
 向こうの先鋒でふんじさんが出てきたので、勝つ自信がない俺はちゃーりーさんに先鋒を任せることに。
 相手は恐らく現在の剣サム全一。それでもちゃーりーさんなら……ちゃーりーさんなら!

 ……数分後、勝ち名乗りを上げていたのはちゃーりーさんだった!
 神殺しをやってのけてくれたとは本当にマジ崇める。後光が差して見えたよ。

 続く大将kon蒼月も不利だろうにちゃーりーさんが頑張って倒してくれた。
 「氷帝」準決勝へ進出。


 ふんじチームを(ちゃーりーさんが)下し、もはや気分はホル・ホース。「勝った! 予選編完!」といった感じ。
 しかし最大の敵を倒してもトーナメントはまだ残っている。準決勝の相手は「旅のお供に」レラ&三九六。
 相手の先鋒はレラ。ちょっと相談して、勢いに乗ってるちゃーりーさんに先鋒で出てもらう。
 しかしこれは相性が悪かったのか、惜しいところまで行ったものの境地を食らってちゃーりーさんがやられてしまう。

 そして大将の俺が出陣。境地対策としてこちらも零スピを選択。
 一本目は地道に屈Aなどで牽制してちまちまと体力を奪っていく。
 しかし時折的確に差し込まれるダッシュCなどを食らい怒らされてしまい、さらに体力はほぼ五分に。
 ここで俺、何を思ったのか中間距離でダッシュしてきたレラに当たればラッキーとか思いながら影舞仕込みの小足を振ってしまう。
 当然のように空振る小足、当然のように漏れる影舞、当然のようにガードするレラ、そして当然無防備な破沙羅。
 JCからの最大反撃を食らってしまい、このラウンドを落としてしまう。
 続いて2ラウンド目。怒っている間になんとか影舞を当ててしまいたい俺は執拗に三角降り頭骨割りを狙う。
 そのうちに運良く頭骨割りがヒット。破沙羅はまだ怒っているのを確認。ここだ、ここで決めるんだ!

 破沙羅、怒り爆発。

 ――えぇと? 俺が入力したのは236ABのはずで、Cボタンなんか押したつもりはこれっぽっちもないんですが?
 焦った俺はとにかく怒り中に影舞を当てようと必死で攻めたが、逆にダッシュCなどを食らってしまい体力差を広げられるばかり。
 レラのダッシュAを弾こうと236Eを入力したはずが、何故か236Cに化けて罪人殺が遙か彼方に飛んでいってしまったりもして、きっちり隙も刺されてもはや万事休す。
 まるでいいところのないままに破沙羅死亡。
 「氷帝」は準決勝にて敗退。

 優勝したのはこの「旅のお供に」レラ&三九六。
 レラの人も強かったし、三九六の人も強かった。
 特に三九六は滅多に見ないレアキャラなだけにネタの豊富さが光った。起き攻めのパターンの豊富さは異常。アレを見て思わず三九六は強キャラなんじゃと勘違いした人が何人もいそうだ。俺とか。
 本戦では台風の目になってくれそうで期待しています。


 しかしともかく俺の準決勝は酷かった。
 コマンドミスや同時押しミスは普段からよくやるけど、押すつもりのないボタンを押してしまうというミスは剣サムやってて初めて。
 普段やらないミスを今日に限ってしたということは、これはやっぱりプレッシャーに負けたということなんだろう。
 情けない。闘劇本戦で優勝するつもりの人間が、たかが予選準決勝のたかがあの程度のプレッシャーに負けただなんて笑えもしない。
 今後の俺の課題はいかに平常心を保つか。気負いすぎず弛まりすぎず、最適な精神的コンディションを保てるように自分をコントロールする必要がある。
 要するにCOOLにならなくてはいけないということ。COOL! COOL! COOL!

 残す予選もあと僅か。さらに気が付けば本戦までもあと二ヶ月を切っている。
 抽選漏れの恐れのある当日予選に賭けたくはない。今月中にきっちり通過しておこう。

FC2ブログランキングへ 人気blogランキングへ

金モア

 結局アキバはキャンセル。雨降ってたから。
 モアで途中寝落ちしそうになりながら対戦してたんですが、集中してやれば大抵の相手には勝てるようになってきたっぽい。
 時々動きがワンパターンになってしまっていたこととかあったから、その辺を修正して。あとは人対策か。

 ひなぽん閑丸の動きに感心した。実に反応が良い。羨ましい。
 蒼月のダッシュBの中段をことごとくガードしたり、影騙し混じりで飛び込む破沙羅を的確に円殺陣で落としたり。
 そういやKOF勢だったっけ、とその反応の早さに妙に納得したりした。
 本戦で当たったら迂闊に飛び込まないように注意しよう。忘れないようにここに書いておく。

 しかし今日思ったけれど、現状での剣サム全一はふんじさんのような気がする。
 少なくとも、今まで俺が対戦した相手の中では一番強い。
 なんでこの人、まだ予選通過してないんだろう。
 ちょっと勝てる気がしないなと弱気になってしまったけど、そうも言っていられない。
 落ち着いて冷静に。ちゃんと対処すれば勝てるはずだと信じて臨もう。
 ……でも出来れば、当たらずにすむのが一番いいなぁ。


 んなわけで明日はスポット21で剣サム闘劇予選。
 応援冷やかしに来るらしい超DBZ勢は、人の多さに萎えて大会開始前にとっととJOYBOXにでも移動すると予想。
 えぇと、あまり煽らないでくださいね? 割とメンタル脆いんで。

FC2ブログランキングへ 人気blogランキングへ

もう

 本戦優勝はふんじさんでいいんじゃないかなとかちょっと思う。
 ダッシュから目の前で止まったから中段かな? と思って弾きを出してみたらCパワグラだった、とか何が見えてたんだ。

 最近の俺はミスは相変わらず多いものの段々と立ち回りはまともになってきた感じ。
 徹底すれば大体のキャラにはいけるかな? 面倒くさいキャラは多いけど、無理なキャラはいないか。破沙羅は良キャラ。
 あとは小足影舞の精度を高めたい。理想は火月の連斬ガード後に確実に差し込めるようになること。

 スピリッツは基本は剣でいい気が最近はしてる。
 零の境地コンボは確かに強いんだけど、しゃがみやチビキャラに対して安定しない。
 本当は野試合で試しまくって経験を増やしてアドリブ利かせられるようにならなくちゃいけないのだけど、それは予選通過後の課題か。
 しゃがんだチビキャラに対して安定して入る境地コンボって何かないですかね。

 明日の金曜はやっぱりモアかな。
 でも水曜ですら十数人いて待ち時間が長かったから、金曜ともなればさらに酷そう。
 モアが2台に増える可能性は……ないんだろうなぁ、やっぱり。
 Heyに行ってからモアに行くという手もありかも。その辺はノリ次第で。


 外人さんが来ているTシャツを見て目を丸くした。
 デカデカとプリントされていた文字は「メイド喫茶」。意味わかってんのかな。
 イギリスとかにもメイド喫茶ってあるのかとか、芸者カフェとかあったら流行るかなとか何となく思ったりした。

FC2ブログランキングへ 人気blogランキングへ

つれづれ

 青色一号で大人気のポーション買って帰るの忘れたー。
 きっと親切な脳内妖精さんが「わざわざ不味いものを飲むことないよ」と忘却の魔法をかけてくれたものと思われる。
 発売日を過ぎてネタにするには旬が過ぎたから、きっともう飲むことはないんだろうなぁ。罰ゲームとか以外では。


 俺は一年の中で一番嫌いな季節は冬で理由は寒いからなんですが、二番目に嫌いな季節は春です。
 理由は何故なら花粉が飛ぶから。そう、俺は花粉症持ち。
 今年はこれまで症状が出てなくて、ついに完治したかなと思っていたら今日ついに発症。
 目が、鼻が、くしゃみが、頭痛が。この苦しみは同病の者にしかわかるまい。まさしく泣ける。

 な、泣いてるのは花粉症のせいなんだからね!
 闘劇予選また負けたせいなんかじゃないんだから!


 Zaurusの新機種が発表されたと聞いたときの俺。

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!




 製品仕様を読んだ後の俺。

(´_ゝ`)フーン


 2chのザウルススレはがっかり祭り。

 そんな新しいZaurus、SL-C3200が発表。発売日は3月17日とのこと。
 変なTOEICソフトとかついたけど、前機種からの実質的な変更点としてはHDDが6GBに増えただけ。
 無線LANは? Bluetoothは? SVGA液晶は?

 SL-C4000だか5000だかはまだかなぁ。

FC2ブログランキングへ 人気blogランキングへ

剣サム闘劇予選@町田ビートライブ

 ビートライブってかなり有名なゲーセンなんですよ。
 ネームバリュー的には新宿モアとかと並びかねないぐらい。
 多分格闘ゲームをそれなりにやり込んだ人なら誰でも知っているぐらい有名な店。

 目印は「わざと目立たないようにしてるんじゃないのか」と思うほど小さな看板一つのみ。
 目の前にまで辿り着いても、そこが店舗だと気づかずに迷ってしまう人多数いるほど。
 東京都町田市のとある雑居ビルにぽっかりと口を開けた、人が二人すれ違うのがやっとの狭い階段を下りていくとそこがビートライブ。
 初めてそこを訪れて思うことは誰しも同じ。とにかく狭い!
 なにせ客が一人もいない状態でも通路を行き来するのに少々苦労するぐらい。
 20人もいれば人口過密に感じる、そんなゲーセン。

 で、そこに40チーム80名プラスα(見学者等)が集まったわけですよ。
 その場の状況を端的に表すならば満員電車。乗車率200%ぐらいの。朝ピークのラッシュよりはマシ、ぐらい。
 暑くて酸素が薄くて頭がくらくら。思わず順番待ちの間、筐体に突っ伏して意識を失ってた。
 熱気はあるものの健康には悪そうな環境の中、大会開始。


 一回戦、相手は「餓狼伝説外伝同好会」(違ったかも)の炎邪&斬紅郎。
 ……炎邪&斬紅郎。しかも両方とも怒スピリッツ。嫌がらせか、これ?
 もの凄く嫌な予感とプレッシャーを抱えながら先鋒で出陣したが、幸いにも特に危ない場面もなく2タテ。
 超斬りへの反撃が安かったりと多少のミスはあったけど、とりあえず勝ったから良し。
 「氷帝」二回戦へ進出。


 二回戦。相手は「ニコチン同盟」のイシイニコチン&Lemmy夢路。
 どうでもいいけどこのチーム名だと夢路カワイソス。本当にどうでもいい。

 相手の先鋒はイシイさんのニコチン。スピはお互いに剣。
 一本目は俺が色々と技を暴発させてしまった隙をつかれたり、雷符に突っ込んでしまったり、影舞をガードされてしまったりして大幅にリードを奪われる。
 このラウンドはもうダメかな、と思いながらもチャンスをうかがい、投げを誘ってミキって近屈C>遠立ちCの連続技を決めてなんとか追い上げる。
 勢いに任せてそのまま攻めきって、かろうじて逆転してそのラウンドを取った……んだっけ?
 ダメだ、思い出せん。
 とにかく覚えてるのはA命符重ねからの投げを食らいまくったことと、最終戦でC命符の初段ガード後に影舞で割り込んだこと。
 それから最後に残り時間僅かの状況で追い払う目的で素手のニコチンに遠屈Bを振ったら、初段をNミキリされたけど二段目以降を食らってくれてなんとか勝てたこと、ぐらい。
 実はイシイさんが色々と武器飛ばし確定ポイントを逃してくれていたから勝てただけという説も濃厚なのは秘密だ。
 いやー、小足振ろうとして影羽織を暴発させたときは死を覚悟したね。
 ……本当になんとかしなきゃ。

 大将のLemmy夢路と対戦。
 鵺魂を迂闊に出し過ぎたとか、影舞確定ポイントを何箇所か見逃したとか、反省点はいくつかあるけどなんとか勝利。
 夢路の背面起き攻めをことごとく回避できたのは大きかったか。
 あとはもうちょっとミキリを有効に使いたかったが、これは次回以降の課題。
 これで「氷帝」は無事3回戦進出。


 3回戦、ブロック決勝。相手は最近株価急上昇中の「同期の桜」クルスミナ&こめまる閑丸。
 よくモアで対戦するんですが、カプゲーの人はやっぱり基本が出来ているのか成長が早い。
 特にここのところ仕上がってきているし、一回戦で「りむしず」のミヤモト閑丸&さばみそリムルルを倒してきているのでヤバイかなと感じていた。
 先鋒で出てきたのはクルスさんのミナ。俺もミナ対策は出来てるつもりだけど、それでも辛い。
 友引をミスったのが二回あったり(ミナは投げられ判定が薄い)して削られ、お互いに体力が2割ほどの状況で破沙羅ダウン。
 ここはスンガン>近屈B>武器飛ばしをしてくると一点読み。
 スンガンガードとほぼ同時ぐらいに完全ガードを入力。よし読みが当たった、完全ガードのエフェクトは出たし、ミナは武器飛ばしのモーションに……って。
 なんで完全ガードしてたのに破沙羅は近屈B食らってるの!?
 当然武器飛ばしまで繋がって破沙羅死亡。
 どうやら焦ったせいで完全ガード後にレバーが変な方向に入ってしまっていたらしい。こんな場面でそれはないだろ。
 このミスが尾を引き2ラウンド目はひよりまくり。対空ガン待ちしているミナ相手に飛び込みまくるという愚行をおかしてしまい、あっさり負け。

 大将のちゃーりーさんも頑張ってくれたけど、ミナはやっぱり厳しいのか負け。
 「氷帝」は3回戦敗退。


 優勝したのは昨日も書いたとおり、その「同期の桜」。
 また本戦にミナと閑丸が増えてしまったか……。

 しかし優勝こそ逃したものの、この日の主役はふんじさんだったと断言できる。
 とにかく常に相手の行動の裏を取る。しかもガードを使わずに。
 パワグラで相手の攻撃を潰すなんて当たり前。
 相手の攻撃をスプラッシュファーントの出始めの後退で避け、突く。
 画面端に追いつめられて飛ぼうとした瞬間には遠立ちCが置かれてる。
 飛び込みを落とそうとして対空技を出せば早出しのJCで逆に潰される。
 もはや何も出来ないと縮こまっていれば思い切りの良いダッシュ投げを食らってしまう。
 その一挙手一投足に観客は全て魅了され、拍手喝采を送った。
 ふんじさんは本当に出来るお人だ。
 今回は惜しくも準決勝で散ってしまったけれど、それでもふんじさんなら、ふんじさんならきっとなんとかしてくれる――!

 でも勝てる気がしないから当たりたくないなぁ。


 追記。
 お名前忘れてしまったが、炎邪の方も熱かった。
 瀕死の状態からMAX六道や不意打ち>爆熱決めて逆転したり。
 徹底したガチガチの作業プレイも面白いとは思うけど、こういう盛り上がりのある試合もやっぱり面白い。
 モアとかではああいうのはなかなか見られないので、なんか新鮮でした。

FC2ブログランキングへ 人気blogランキングへ

とりあえず簡単に

 詳しくは明日にでも書くとして。
 町田ビートライブの剣サム予選は3回戦にて敗退。
 クルスさんのミナに2タテされました。
 結局そのチームがそのまま優勝。おめでとうございます。

 ふんじさんが神であるということを再認識した日。
 あの場にいた人ならば、何故俺が日頃から「ふんじさんだけは自信がない」とこぼすのを理解していただけたかと。
 ふんじがー! 捕まえてー! ふんじがー! 画面端ー!
 闘劇本戦の大スクリーンで見たいなぁ。
 そして伝説へ。


 関東予選はあと3つ。
 ある程度立ち回りのビジョンも見えてきた感があるので練習練習。

FC2ブログランキングへ 人気blogランキングへ

立ちなさい! その程度なのか!

 ここのところ動画を見る度に自己嫌悪に陥る俺ですこんばんは。

 またまた未来館様に対戦動画アップ。今度は破沙羅vsシャル。
 立ち回りが腐ってますな。どこぞで指摘されたけど中斬り食らいすぎ。
 もうちょっと動きを抑えてガードを固くしよう。
 なんで俺があれだけ動き回って(暴れて?)いるかと言うと、動いて相手を翻弄するのが好きだからというのもあるけど、何より相手の攻めをガードでやり過ごす自信がないから。
 でも俺だってガードにだけ集中すれば中段や投げに反応できるはず、きっと。
 中段見てから弾き余裕でした、とか言えるようになりたい。

 例によってコマンドミスも多め。
 境地中の影羽織は多分鵺魂のミスですね。なんで236コマンドが421コマンドに化けたのかは謎だけど。
 影騙しを出そうとして影煩いになっているの多数。
 鵺魂が立ちDに化けてるのも一回確認。
 密かに小足影舞もミスってます。1ラウンド目の最後とか。

 影騙しで対空を誘って遠立ちCを刺してるのとかは悪くなかったけど。
 結局はネタでわからん殺ししただけの実質負け試合でした。
 自分じゃ気づいていないだけで、普段からこんな動きしてるのだとしたら凹むなぁ。


 昨日の暴れ云々の発言について誤解があるようなので少し。
 画面端からダダダダダッと走ってきておもむろに真昇竜を撃つようなことをされても泣かない。
 という風に訂正を一つ。
 いや、それも食らう俺が悪いんだけどさ。


 諸事情あってモアには行けず。
 明日はどうせモア勢はドブっているのだろうから、珍しく蒲田のフリープレイになど行ってみようかと思います。
 町田も行きたいけど、流石にハシゴは厳しいか。

FC2ブログランキングへ 人気blogランキングへ

秋葉原Hey

 モアは良環境なのだけど、モアでばっかりやってると相手キャラやプレイヤーが偏るのでよろしくない。
 大会で結果を残すためには色んなキャラとの対戦経験を積まなければ。
 そんなわけで秋葉原Heyに行ってきた。

 なかなか出来る火月がいたので乱入してみる。
 何度か負けたけどそれなりの手応え。落ち着いて丁寧に対処すれば火月もなんとかなりそう。
 コーヒーでも飲もうかと思い席を立ち、そのついでに相手の顔を確認してみた。
 m9(^Д^)こんな顔してる奴がいた。


 〃∩∧_∧
⊂⌒(  ・ω・) はいはいダモスダモス
 `ヽ_っ⌒/⌒c
     ⌒ ⌒


 その後ひなぽんもやってきてミナで屍の山を築いていた。我が破沙羅もその山の一部に。
 いや、ミナ対策出来るのはありがたいけどさ。モアでいいじゃん。

 気を取り直して別の台で対戦。
 良い経験が積めたと思う。受け身狩りはミスしまくりだったけど、起き攻めが何度か完璧にはまってくれて使えることが証明できた。
 やっぱり脳内やプラクティスで構築したものは、実戦の中で何度も使って手に馴染ませないと。
 考えてた起き攻めの問題点も少し発覚。修正案も既に考えついているからまた試そう。


 ちょっと残念だったのは、片側の台のレバーが怪しかったせいでふせますたレラとほとんど対戦出来なかったこと。
 レラ戦の経験積んでおきたかったんだけどなぁ。でもレバーに疑いを持ったままで対戦したくはなかったし。
 vsレラは不安が若干残ってるんで日曜までになんとかしたい。


 Heyで対戦して本当に凄く勉強になった。
 今日学んだ中で一番大切なことはコレ。

『暴れられても泣かない』

 モラル? 何それ、美味しいの? みたいなプレイに負けるな心を折られるな、俺。



 書き忘れてたので追記。

 途中、あまりの眠さに剣サムの順番待ちとかしてられなくなって、眠気覚ましに一回だけ超DBZやってみた。
 まぁ当然のごとくあっさり負け。コンボはミスるし、舞キャン食らいまくるしでボコられました。
 そもそもカードなしチチってのが相当無理があった気がしないでもない。
 アーマーストライクなんて贅沢は言わない。せめて、せめて八卦を使わせて!

 でも面白かった。復帰したいなぁ。

FC2ブログランキングへ 人気blogランキングへ

得意技は操作ミス。

 格ゲー引退しようかという考えが頭をよぎるほどに最低の出来だった日。
 立ち回りや連携で圧倒しても、勝手に操作ミスで自滅していくのだから世話がない。
 今日だけで少なくとも7回、明らかな勝ち試合を落としたりして泣きたくなった。
 集中できていない? それとも根本的に致命的なほど不器用? 両方な気がする。
 でもめげずに頑張ろう。サムスピは他のゲームに比べて手先の器用さに左右されないゲームのはずだ。
 別に難しいことをしようとしてるわけじゃないんだから。普通に波動拳とかミスらなければそれでいい。出来るはず。

 モアの剣サム2P側はこのところスタートボタンの調子が悪い。
 ボタンが凹みっぱなしになってて、対戦中にいきなり挑発が暴発するとか勘弁して欲しい。
 そろそろ店員さんに言った方がいいのかも。


 超DBZもやりたいんだけど、今は浮気してる余裕がないので封印で。
 ゲーセン爆走記様で公開されてる動画とかは一応チェックしてるけれど、今やってもさっぱり勝てないだろうなー、とか思う。
 やっぱりみんなちゃんとプレイして研究すすめてるんですね。
 あと、俺の現在のメインキャラであるチチの動画をさっぱり見ないんですが、チチってそんなダメなキャラですか。
 立ち回りメインの面白いキャラだと思うんだけどなぁ。確かに強いキャラではないのだけど。

 万が一それまでに剣サムの予選を通過できていなくても、3/19の超DBZ全国決勝は見に行く予定。その日は剣サム予選ないし。
 出来れば超DBZも復帰して大会とか出たいなぁ。

 とか言いつつ、実はキャリバー3が密かに楽しみだったりする。
 このシリーズはプレイしたことないけど、面白そうだと気になってはいたので。
 そのうち家庭用を買って練習しよう。

FC2ブログランキングへ 人気blogランキングへ

さらに剣サム対戦動画

 未来館様にて今度は破沙羅vs蒼月。

 この前のvsリムルル戦よりはマシな動きではあるかな。
 一応、蒼月対策を実践出来てはいる。全体の3分の1ぐらい。3分の2は出来てない。ダメじゃん。

・屈Aを振ってない。
・投げる方向をミスしてる。
・受け身狩りをミスしてる。
・1ラウンド目ラストはガーキャン秘奥義がベスト。
・全体的に暴れ過ぎ。
・風月斬への確反を知らなかった。

 こんな感じ?
 受け身狩りや起き攻めがぬるいのは、このときはまだレシピを構築したばかりで慣れてなかったから仕方ない。許容範囲。
 しかしこういう動画を見ると、いかに自分が理論を実践出来ていないかが一目瞭然で愕然とする。
 反応速度が鈍いから理論通りに動けないのもある程度は覚悟してるけど、それにしても実践値低いにもほどがあるぞ俺。


 経験を積むためにモアへ。金曜日以外でモアへ行ったのって実はかなり久しぶりな気がする。
 やっぱりレアキャラへの対策をちゃんと練っておく必要を感じた。
 雲飛とか適当に突っ込んでいたらあっさり斬られまくったし。
 確反もかなりの箇所を逃してしまっていた。レラのダッシュCへの反撃などは確実に出来るようになっておきたい。

 今週は水・金はモアで木はHeyに行ってみよう。土曜は未定で日曜が予選。


 今月のアルカディアを買ってきた。
 剣サムの攻略は1Pのみ。内容は怒り爆発考察。今更……。

 何か面白い記事はないかと思って流し読みしてみたら、編集後記にこんなの発見。
 例の卑俗で不快なヤラセ番組についてのコメントを一部抜粋。

 ただ当日になって初めて3Dで7ボタンのゲームだって知ったんですよね。(猿渡)

 だろうと思った。だって日本じゃ発売してないゲームだし。
 相手は盲目とはいえやり込んでいるのだから、初めてプレイして勝てるわけがない。負けて当然。
 そしてそういう事情を全く説明せずに放送するヤラセ番組。まさにマスゴミ。
 未だにあの番組のことは思い返すと気分が悪い。


 かわいそうな しぐるど。
 俺、爆笑。クオリティ高いにもほどがある。

4323002114かわいそうなぞう
土家 由岐雄 武部 本一郎
金の星社 1970-01

FC2ブログランキングへ 人気blogランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。