全て読めていた

 サムライスピリッツ天下一剣客伝、超ドラゴンボールZの攻略、プレイ日記など。
トップ → 2005年11月21日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2ブログランキングへ 人気blogランキングへ

関東一剣客祭 αステーション予選

 天草にさえ当たらなければなんとかなるだろ。
 そう考えていた時期が、今も続いています。

 天草に当たったらどうにもならないってことか。


 一回戦、マスクさんの半蔵(剣)。
 カイヌマが後ろで「しぐるどの酷い負け方希望」とか騒いでいる。うるさい黙れ。
 昇りジャンプCとか食らいまくって一本落とす。
 3ラウンド目、相手死にかけこっち残り体力4割強のところでうっかり真モズを食らったときには思わず天を仰いだが、かろうじて生き残ってくれて心底ほっとした。
 小足で蹴り殺して勝利。


 二回戦、ドロさんの幻庵(真)。
 以前ビートラの大会で負けた記憶を掘り出した。
 確か、あまり牽制は振らずに蹴りと対空、バルセロナの揺さぶりが多かったような。
 要するに固い動きをする人だということで、ならばとこちらも合わせて固く動いた。
 中間距離でお互いに前後に動きつつ、お見合いしたままじりじりと時間が過ぎていく展開。
 そんな中、ピンポイントで弾きを一回、影騙しでジャンプを誘っての対空を一回決められたのは大きかった。
 ああいうのは直接的なダメージもそうだけど、相手に印象づけてその後の行動を抑制できる効果があるのが大きい。
 1ラウンド目は武器を飛ばされながらも素手のまま蹴り殺して俺が取って、2ラウンド目も優勢。ほぼ勝ちが見えた状況。
 じり貧のドロさんは武器飛ばしをぶっぱしたものの、俺は落ち着いてガード。
 ガードしながら思考を巡らす。

(反撃には何を入れる? 近屈Cからのコンボ?
 いや、幻庵のMDCは確か覇王丸の斬鉄閃のように食らい判定が前に変な風に出ていたはず。近屈Cを振ると二段目がすかる恐れがある。
 じゃあ立ちC? 近立ちCならカウンター後武器飛ばしまで繋がる。でも、もし遠立ちCになったらその後は続かない。体力的に遠立ちC一撃で殺しきれるかどうかは微妙なところだ。
 よし、ならば直接影舞だ。仮に殺しきれなくても武器を飛ばせれば残り僅かの体力を削りきるのは簡単だし。
 MDCは突進系の技だけど、火月の突進技とかとは違ってガード後極端に姿勢が低くなったりもしないから問題なく当たるはず。
 食らえ、影舞――!)
※ここまで0.2秒

 完全ガード暴発。
(な、なんだって――!?)
※ここまで0.5秒

 その後、破沙羅の小足にMDCをあわせるとかいう博打を成功されて、2ラウンド目は逆転負け。
 ゲージある幻庵には小足すら安心して振れないんですね。剣スピだったら多分ミキリMDCが安定するんだろうなぁ。

 気を取り直して3ラウンド目、残り10秒くらいで体力勝ちしてたので、後は小足とガンガードで時間切れ勝ち。
 じりじり殺伐としたいい試合でした。


 三回戦、FAGさんの半蔵(天)。
 後ろでカイヌマが中略黙れ。
 ハイ、負けました。敗因は半蔵の連斬対策を練っていなかったこと。
 投げ無敵あるんだから、安易に投げにいったらやられるっての。
 FAGさんが天を選んだときに、「何故天なのか?」ってのをちゃんと考えるべきだった。
 この前も連斬で負けてるんだから、少しは学ぼうぜ俺。


 優勝はひなぽんいろは。準優勝はトビガルフォード。
 いろはは強いね。でも俺的に天草に比べれば全然楽だからいいや。

 ちょっとケチはついたものの、やっぱり俺は大会補正はプラスに働く人らしい。
 大会中はゲージ貯めのバクステ刺し足を一度もミスらなかった。これは本当に珍しい。
 レバーのせいとは考えにくいから、集中力の差なんでしょう。
 凄いぞ、大会中の俺!

 そして大会終了後の野試合で対戦したら、ダッシュすらなかなか出なかったり。
 しょぼいぞ、大会後の俺!
スポンサーサイト

FC2ブログランキングへ 人気blogランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。